© PHENOMEN FILMS

2月27日より、ドイツウクライナイギリスロシア合作の映画『DAU. ナターシャ』が公開されている。

本作は、まずはその規格外の数字から示さなければいけないだろう。オーディション人数は39.2万人、主要キャストは400人、エキストラは1万人、衣装は4万着が用意され、1万2千平米もの超巨大セットを建設、その製作年数は15年にも及んでいるのだ。

とてつもない構想と高い芸術性が評価され銀熊賞(芸術貢献賞)を受賞している一方で、あまりに過激なバイオレンスとエロティックな描写のため批評家から賛否両論の嵐を巻き起こし、本国ロシアでは上映禁止にされてしまった問題作でもある

このような表面的な情報だけでも、「なんだこの映画は?」と困惑してしまう『DAU. ナターシャ』だが、実際の本編も実に奇妙な感覚を得られる、またとない映画体験ができる作品であった。さらなる具体的な特徴と魅力を記していこう。

◆映画という範疇を超えた壮大なプロジェクト

規格外という言葉を超えて、もはや狂気という言葉が似合うのは、1938年1968年における「ソ連全体主義」を現代に完全再現していることであり、実際に参加者たちが本当に「その場所で暮らしていた」ということだろう。

廃墟となったプールの敷地内に「物理工学研究所」が建設され、 常時約200~300人の参加者がそのセットの中で働き、生活していた。服から台所用品、食べ物、言葉に至るまで、当時の物や習慣を再現し、通貨として使用されているのはソ連時代のルーブルで、当時の日付の新聞が毎日届けられるという徹底ぶりだ。


© PHENOMEN FILMS

通常の時間と空間から隔離された参加者たちは、演じる役柄になりきってしまい、実際に愛し合い憎しみ合い、結婚や出産さえもしていたのだとか。さらに本物のノーベル賞受賞者、元ネオナチリーダーや元KGB職員なども参加し、実際の科学者たちは住みながら自分の実験を続けることができ、科学的発見や研究論文の発表もされていたという。

もはや、これは映画という範疇を超えた、壮大なプロジェクトだ。参加者たちが当時の生活を擬似体験しているおかげか、登場人物が演技をしているようには到底思えず、その「空気感」も含めて当時の記録映像をそのまま観ているような感覚さえ得る。少なくとも、この『DAU. ナターシャ』が、他の映画では絶対にない、言語化が不可能なほどの奇妙な映画体験ができる作品であることは間違いないだろう

◆ミニマムな物語で垣間見える「監視」や「圧力」

そのような巨大規模のプロジェクトに対して、この『DAU. ナターシャ』で描かれる物語は非常にミニマムなものだ。「食堂で働くウェイトレスが、研究所に滞在していたフランス人科学者と肉体関係を結び、そのせいで国家保安委員会から目をつけられてしまう」と簡潔に説明もできてしまう。


© PHENOMEN FILMS

1つ1つのシーンがとても長く撮られており、そのほとんどが何気ない会話劇で、カットをなかなか割らないこともある。上映時間は2時間19分と、物語の起伏の少なさからすれば長尺だ。ともすれば退屈に感じてしまいそうであるが、実際は次に何が起こるのかが判然としない、良い意味での居心地の悪さ、緊張感が続くため飽きることはないだろう。

その理由は、「独裁の圧制のもとで暮らし、(ソ連の)全体主義的な価値観がまかり通る世界での普通の人の日常がまざまざと描かれている」ためだろう。主人公ナターシャは、権力を持つ男たちと談合したり、言葉が通じなくても意気投合した科学者とセックスをする。その合間に、何やら研究所で怪しげな実験が行われているシーンも挟まれ、そして終盤には尋常ではない「尋問シーン」も描かれることになる。平和に日常を過ごしているようでも、どこかに「監視」や「圧力」が垣間見られるようになっているのだ。

◆苦しい時代の普通の人の日常を切り取る

そして、主人公ナターシャは「幸せになりたい」という強迫観念に囚われているようで、同僚の若いウェイトレスとたびたび衝突してしまう。「あなたは愛を知らないから不幸なのよ」「私は若くて綺麗よ」などと互いにマウントを取り続け、後には2人で酒を飲み交わすのだが、そこでも不協和音が生じてしまう。ただでさえ息苦しいソ連全体主義の中で、ナターシャは「なんで私はこんなに不幸なの?」と嘆き悲しむことになる。

これはいつの時代であっても、普遍的な物語でもあるだろう。厳しい社会環境に苦しんでいたことで、二次的にその人も身近な誰かに辛く当たってしまい、自らをさらに不幸にしてしまう。ナターシャの心理を丹念に追って行けば大いに感情移入ができるだろうし、他人事だとはとても思えない人も多いはずだ。


© PHENOMEN FILMS

トーンは全く異なるが、この「苦しい時代での普通の人の日常を切り取る」という点は『この世界の片隅に』(2016)にも近い。もしくは、全体主義的な価値観がまかり通る世界で悲劇に見舞われるという意味では『火垂るの墓』(1988)も彷彿とさせた。戦争や圧政の中心的な人物(権力者)ではない、市井の人々の姿をリアルに示し、観客にも擬似体験させてくれることにも、本作の意義がある。

◆ショッキングな尋問シーンでの配慮

ネタバレになるので詳細は控えるが、終盤の「尋問シーン」はスクリーンから目を背けてしまいそうなほどにショッキングなものだ。実際に批評家からその過激さが議論の的になり、批判を浴びた。

しかし、批判に対し映画スタッフたちは「すべての俳優が彼ら自身の自由意志でそこにいて、彼らが望むときはいつでも撮影を止めることができた」と答えている。 主人公ナターシャを演じるナターリヤ・ベレジナヤも、「私たちは自分たちがしていることをよく理解していましたし、望んだ場合は自発的に撮影を止めることも可能でした。セリフは即興でしたが、すべての行動は事前に話し合われました」とはっきりと述べている。


© PHENOMEN FILMS

映し出されているセックスバイオレンスがいかにリアルであったとしても、十分に参加者への配慮が行われている、(当然だが)その一線だけは超えないようにしているのだ。誰もが酷いものだと思えるその尋問シーンは、主人公ナターシャの苦しみと、そして精神的な強さを示すために、間違いなく作品に必要なものであった。

◆誇りを持って生き残る女性の強さ


© PHENOMEN FILMS

劇中ではひどい目に遭い続ける、客観的には不幸そのものに見える主人公ナターシャだが、共同監督のエカテリーナ・エルテリは本作で描かれる女性像に対し、「外から見ると、彼女は敗者だと思われるでしょうが、そうではありません。なぜなら、彼女はとてもパワフルで、あらゆる状況を乗り越え、生き残り、そこにあるものを最大限に活用するからです。とても勇敢なことだと思います。誇りを持って生き残ること。自分を失くしたり、諦めたりしないこと。こういった力は過小評価されていると思います。これは世界中の多くの女性をつなぐ力なのですから」と高らかに述べていたりもする。

本作は直接的なセックス、尋常ではないバイオレンスも描かれるのだが、むしろそのことで、物理的にも精神的にも、男尊女卑的な価値観に抑圧されがちな女性たちの苦しみに寄り添っている、フェミニズム価値観も示した作品と言えるのではないか。最後まで観終われば、「誇りを持って生き残り、諦めない」女性の強さを思い知れるだろう。

プロジェクトのほんの一端にすぎない

本プロへジェクトの撮影期間は40ヶ月、35mmフィルム撮影のフッテージは700時間にも及んでいる。実は、この『DAU. ナターシャ』はプロジェクトの第1弾であり、全体のほんの一端にすぎない。すでに第2弾『DAU. Degeneration(原題)』も同じベルリン映画祭でお披露目されおり、この後も10本以上の映画作品が予定されているのである。


© PHENOMEN FILMS

例え『DAU. ナターシャ』を予備知識なく観たとしても、(その物語のミニマムさも合間って)「これはまだまだ続いていくのだろう」と思えるはずだ。それほどまでに、果てしなき迷宮の入り口に立ったかのような、広大な世界の広がりを感じさせられる内容となっていた。

このプロジェクトがこの後どのように展開して行くのか、そして受け手として追えるのかどうか、それはわからない。だが、この前代未聞のプロジェクトの一端だけでも垣間見られる『DAU. ナターシャ』は、エンターテインメント性はほぼ皆無、18+指定大納得のセックスバイオレンスありという、およそ万人向けとはとても言えない内容ながらも、間違いなくスクリーンで見届ける価値がある。

<文/ヒナタカ>

【ヒナタカ】

雑食系映画ライター。「ねとらぼ」や「cinemas PLUS」などで執筆中。「天気の子」や「ビッグフィッシュ」で検索すると1ページ目に出てくる記事がおすすめ。ブログ 「カゲヒナタの映画レビューブログ」 Twitter@HinatakaJeF


(出典 news.nicovideo.jp)