世界の衝撃ニュース

国内・海外の面白い~様々なニュースをまとめています。


    そこにおやつを隠す!?

    カレー味をつけたじゃがいもを皮で包み、カラッと揚げたインドの人気のおやつサモサ」。近頃では日本のインド料理店でも並ぶようになり、食べたことがある人もいるだろう。

    そんなサモサが大好きな犯罪者が、これをとんでもないところに隠し、刑務所に入ろうとしていたという。

    Most unsavory criminal of 2020: man who tried to smuggle a SAMOSA between his buttocks is one of last year's strangest…

    FRZ Solutionsさんの投稿 2021年1月1日金曜日

    この報告をしたのは、イギリスウェストミッドランズ警察。発表によると、2020年に拘束されていた犯罪者を拘留施設に送る際、身体検査でサモサを発見したという。

    その場所というのは、なんと尻の穴

    男に対し警察が事情を聞くと、「刑務所の飯は少なそうだから、サモサをおやつとして自分の独房に持ち込みたかった」と話したという。

    これを聞いたウェストミッドランズ警察司法局の警部は、「奇妙な事件が起こりました。私の心に残っているのは、検査中にサモサがお尻の間にはさまっている男性を見つけた時です」と述べている一方で、「どうやら拘置所トリップアドバイザーのレビューを見ていないようですね」と冗談も飛ばしていたという。

    このおもしろエピソード2020年の警察署の総まとめの一部として発表された。

    昨年だけでも、ウェストミットランズ警察は4万5719人を拘留するという成果を揚げており、薬物治療や再犯防止プログラムの実施も積極的に行っていたと明かしている。

     

    参照元:Birmingham MailFacebook

    【ヒリヒリ】尻にカレーの包み焼きを隠し拘置所にはいった犯罪者が見つかる!!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【*にカレーの包み焼きを隠す(イギリス)】の続きを読む


     アメリカ大統領選挙の最終的な投票結果の認定作業が進められていた議会に結果を認めないトランプ大統領を支持するデモ隊が警備を突破して乱入。議事堂内では女性が胸を撃たれ重体になっていたが、搬送先の病院で死亡が確認された。議会警察は議事堂からデモ隊を完全に排除したと発表した。

    ・【映像】議会に乱入するデモ隊の様子

     ニューヨークタイムズ紙によると、デモ隊はソーシャルメディアを使って警察の封鎖線を避ける方法や侵入方法について連絡を取り合っていたという。また、ワシントンにある共和党の全国組織の本部で爆発物が見つかったとも報じている。見つかったのはパイプ爆弾で、近くにある民主党全国委員会の本部でも不審物が見つかったという。(ANNニュース
     
    議事堂で撃たれた女性が死亡 共和党本部でパイプ爆弾、民主党本部でも不審物


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【アメリカ議事堂で撃たれた女性が亡くなる】の続きを読む



    【議会に突入して撃たれたトランプサポーター】の続きを読む



    (出典 www3.nhk.or.jp)



    【ガリガリ君の当たり棒を偽造】の続きを読む



    森咲智美の牛柄ビキニがどエロすぎる 


    グラビア・オブ・ザ・イヤー三冠&殿堂入りを達成し、「日本一エロすぎるグラビアアイドル」のキャッチフレーズで驀進中のグラドル森咲智美が5日、自身のSNSを更新。新年一発目の「エロ初め」のグラビアショットを掲載し、ファンをおおいに沸かせているようだ。


    ■ビキニの面積が小さすぎ?

    この日「今日から本格的にエロ始め」とツイートし、2021年の干支である丑年に合わせた牛柄のマイクロビキニと牛耳のカチューシャでセクシーな牛娘に変身したコスプレショットを公開した森咲。

    一枚目の写真からド迫力の胸元が映し出されているが、2枚目ではその全体像を映し出し、布面積の少ないビキニ姿で大胆に開脚するセクシーポーズを披露。タイツまで牛柄、さらには尻尾までついているという完成度の高さで、新年早々にアクセル全開な様子を見せつけた。



    関連記事:衣装は同じなのに印象激変!?  森咲智美「これがこう」動画に反響続々

    ■新年からドエロイ牛ガールで眼福

    これを見たSNS上のファンからは「牛さんビキニエロいね」「エロかわいい、大好き!」「美しい牛さんだ…」「新年からいいもの見た!」と喜びのコメントが殺到。

    また、日頃からグラビア一筋に頑張る森咲に「たまには休みを取りつつがんばってね」「エロ初め、お疲れさまでした」「智美ちゃんに負けないよう、気持ちを切り替えて頑張っていくぞ」といった声も寄せられていた。


    ■2021年は早くもスタートダッシュ

    そんな森咲だが、先程のツイートに続けて「お正月に本当に本当に本当に何も考えずゆっくりさせてもらったので、切り替えてギラギラさせて頑張ります炎去年以上に頑張るべき森咲智美! ふぁいてぃん」と、正月の充電を終えて既に気持ちは完全に戦闘モード

    6日の早朝から「撮影行ってきます! 朝早すぎてまだ暗い…」といつものペースを取り戻しており、気持ちを新たに2021年もさらなる活躍を見せてくれそうだ。

    ・合わせて読みたい→琴井ありさ、過激な衣装も華麗に着こなし 「最大級に露出度が高い日でした」

    (文/しらべぇ編集部・びやじま

    マイクロビキニでエロ初め!?  森咲智美の牛柄ビキニがどエロすぎる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【森咲智美の牛柄マイクロビキニ】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/01/06(水) 19:17:43.02

    語られない「コロナ嗅覚異常」本当のおそろしさ
    一生回復しないことの影響はあまりに甚大だ

    The New York Times 2021/01/06 11:00



    (出典 tk.ismcdn.jp)

    ミッシェル・ミラーさんは、コロナに感染した後、キッチンに充満したガスのにおいに気がつかなかったという(写真:Joshua Bright/The New York Times)


    新型コロナウイルス感染症の典型的な症状の1つに嗅覚の低下がある。これが最初の症状となる患者もいれば、唯一の症状となる患者もいる。そうした患者では、あたかもスイッチがパチンと切り替わったようにいきなり嗅覚が消え、多くの場合は味覚も失われる。

    たいていの患者は通常、数週間以内に回復し、嗅覚と味覚を取り戻す。が、嗅覚と味覚が失われたままとなる患者も一部には存在する。これらの感覚がいつ戻るのか、そもそも戻るのかどうかは医師にもわからない。

    新型コロナが持続的な嗅覚消失を引き起こす仕組みや治療法はほとんどわかっていない。しかし感染者は世界中で増えているため、専門家の中には、パンデミックで永遠に嗅覚や味覚を失う人が大量に出てくることを危惧する声がある。




    本当の恐ろしさが理解されていない

    においは味と食欲の双方と密接につながっており、嗅覚が失われるとたいていは食事の楽しみも奪われる。しかも、嗅覚が突然消失すると精神面や生活の質にも深刻な影響が出るおそれがある。

    各種研究によると、嗅覚消失は社会的な孤立感や、喜びを感じられなくなる無快感症(アンヘドニア=うつなどの中心的症状の1つ)と関係している。記憶や感情はにおいと密接につながっており、嗅覚系は精神面の健康に重要な役割を果たしているが、この点はあまり認識されていないとハーバード大学医学大学院のサンディープ・ロバート・ダッタ准教授(神経生物学)は話す。
    https://toyokeizai.net/articles/-/401593?display=b

    https://toyokeizai.net/articles/-/401593?page=2
    →次ページ食事だけでなく、社交の楽しみも失った


    【語られない「コロナ嗅覚異常」本当のおそろしさ】の続きを読む

    このページのトップヘ