世界の衝撃ニュース

国内・海外の面白い~様々なニュースや話題をまとめています。 『あなたに「このニュースを見て本当によかった」と言わせてみせましょう』と言ってみたい。


    脱獄(Valentino Nobile/Photodisc/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    米国・カリフォルニア州の厳戒警備の刑務所で脱獄が発生したことを、『San Francisco CBS Local News』ほか多くのメディアが報じている。


    ■郡保安官事務所が発表

    服役囚の脱獄が起きたのは、サンノゼの南東に位置するカリフォルニア州マーセド郡のダウンタウンにある郡立刑務所

    19歳から22歳までの6人の男の服役囚が脱獄し、行方を追っていることを、保安官事務所Facebookから発表した。現在も逃走中だが、武装している可能性が極めて高いという。


    関連記事:タモリ、『ゴールデンカムイ』キャラのモデルになった脱獄王にびっくり 「すごい執念」

    ■手作りのロープで屋根から…

    6人の服役囚の脱獄が発覚したのは、1月10日。その後の調べで、彼らは9日深夜、手作りのロープを使用して刑務所の屋根に上り、敷地の外に出られる部分から降りたことがわかったという。

    郡保安官事務所は、「逃亡した6名を一刻も早く見つけ出すよう、緊急のタスクフォース(機動部隊)を発足させた」と述べている。

    ■殺人事件を起こした者も

    脱獄した6名の服役囚は、カリフォルニア州出身のホルヘ・バロン(20)、ガブリエルフランシスコロナド(19)、マヌエル・アレンレオン(21)アンドレ・ヌネス・ロドリゲスジュニア(21)、ファビアン・クルス・ロマン(22)、そしてオレゴン州出身のエドガー・エドゥアルド・ヴェンチュラ(22)。

    殺人事件を起こした者もおり、保安官事務所は「不審人物を見かけても決して近づかず、ただちに通報を」と住民に対して呼びかけている。


    ■協力者にも重い処罰

    世界的にみても、脱獄した服役囚のほとんどが身柄を取り押さえられ、刑務所に連れ戻されている。そこで「逃走罪」や「加重逃走罪」、そして天井や壁を壊したことによる「器物損壊罪」などに問われ、刑期がさらに加算されてしまう。

    また多くの場合、脱獄のための各種ツールを持ち込み、その後の逃走に協力する者がいる。日本も含め多くの国の裁判所が、苦しい服役生活から逃げたい受刑者の心理を理解する一方、協力者の「逃走援助罪」には予想以上に重い罰を下す模様だ。

    ・合わせて読みたい→幼女への性犯罪で捕まっても懲りない19歳男 出所後は犬を性的対象に…

    (文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>


    日本では弁護士が共謀して保釈申請して海外逃亡させてるからな。


    死刑廃止、とか言ってる人もいますが、生きている限り再犯する可能性は残ります。


    【脱走・殺人犯・武装の懸念】これらが事実なら射殺も視野に入れていいのでは?こいつら、反省を理由に減刑でも求めていたらその弁護士を笑い物にしてやりたい。


    若いのがまた怖いな。






    (出典 nk.jiho.jp)



    1 トランプアゲアゲ ★ :2021/01/18(月) 08:22:22.92

    [Sputink日本 17日 イスラエル]

    13人のイスラエル人がファイザー社の新型コロナ用ワクチンの1回目の接種後に顔面麻痺となった。
    イスラエルのサイト「Yedioth Ahronot」が報じた。

    報道では、「機関のデータによれば、少なくとも13人に麻痺の症状がみられるが、しかし、
    保健システムの医師らは実際にはこうしたケースの数はもっと多いと考えている」と指摘した。


    c AP PHOTO
    ノルウェーでファイザー社のワクチン接種後に23人が死亡
    また、ワクチンの接種を受けたある人は、接種を受けた数分後に頬や口内におかしな感覚が現れたとコメントしたとも報じた。
    患者はこの状態が最低でも28時間続き、症状は完全に消えなかったという。
    保健省は、1回目の接種後に麻痺症状が現れた人たちは、回復をまって2回目の接種を行う必要があると表明した。
    しかし、医師らは顔面麻痺が生じた人が2回目の接種を受ける妥当性を疑問視している。

    ファイザー社はノルウェーおよび欧州の他の地域に対し来週から一時的に新型コロナウイルス用ワクチンの供給を削減することが明らかにされた。

    https://jp.sputniknews.com/covid-19/202101178086486/
    2021年01月17日 23:17


    【ファイザー社のワクチン接種後 13人が顔面麻痺(イスラエル)】の続きを読む


    ログイン情報はしっかり管理しよう!

    機密性の高いサービスでは、パスワードを一定回数間違えると不正ログインとみなし、アカウントの強制停止や削除となるものもある。しかし、本人が本気で忘れてしまったとなると、これほど危機的な状況はない。

    今回、米サンフランシスコにお住まいのとあるエンジニアが、この危機に陥り200億円を失おうとしているらしい。


    Lost passwords lock investors out of bitcoin fortunes


    この災難に見舞われているのは、サンフランシスコで働くドイツプログラマーステファン・トーマスさん。

    彼はウェブ上のデジタル・ウォレットに、およそ7002ビットコインを所有している。これはおよそ、228億円相当(2億2000万ドル)にものぼる。

    ところがこの度、米紙「ニューヨークタイムズ」の取材において、パスワードを紛失してしまったため、財産にアクセスすることが困難になってしまったことを明らかにした。

    彼はすでに8回試したというが、すべて不一致。更に恐ろしいことに、パスワードを10回間違えるとアカウントロックされてしまうため、あとチャンスは2回しか残されていないのだ。

    にも関わらず、ビットコインの取り扱いサイト側はユーザーパスワードを自社サーバーに記録しない特殊なログイン法を取っているため、彼を助けることもできないという。ユーザーだけがアクセスできる独自のキーを作成できる仕様になっている。

    危機に見舞われているトーマスさんは、ニューヨークタイムズに対しこう語る。

    「私はただベッドに横になって考えるしかなかった。私はいくつかの新しい戦略を思いつき、パソコンに向かいましたが・・・うまくいきませんでした。そしてまた絶望しました。」

    寝っ転がりまたトライしては絶望する・・・そんな気持ちがありありとわかるコメントである。

    大切なパスワードをなくした理由

    では、なぜここまで大量のビットコインを持っているのか?

    その理由は、ビットコインが出てきた最初期である2011年に、トーマスさんは「ビットコインとはなんだ?」という紹介アニメを制作したこと。その報酬として、価値が低かった当時にもらったのだという。

    しかしその際はビットコインに手をつけず、パスワードを書いた紙をどこかに紛失してしまったのだ。

    だがその後、ビットコインバブルが起こり、2021年1月には記録的な価格変動が起こった。トーマスさんの所有しているビットコインの値段は跳ね上がり、一躍億万長者となってしまった。

    ちなみに、同様な理由で無駄になっているビットコインは非常に多く、これまでに全世界で約14兆円(1400億ドル分)のビットコインが放棄されているという。しかし、トーマスさんほどの高額単位は類を見ない。

    どうにかして本人確認をし、200億円を彼に返して欲しいものだ。

     

    参照元:NewsweekYoutube

    【絶望】ログインパスワードを忘れたせいで…200億円分のビットコインを失いかけている男性が話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【ログインパスワードを忘れた…200億円分のビットコインが…】の続きを読む


    首輪をする男(MDBrockmann/Photodisc/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    夜間外出禁止令が出ていたにもかかわらず、ある夜、かなり年下の妻が引く犬のリードを夫がつけて、町を歩いていた夫婦。当然のように警察に呼び止められたことを、カナダの『La Tribune』やイギリスの『Mirror』などが報じた。


    ■40歳の夫と24歳の妻が…

    カナダ・ケベック州のシェルブルックという町で9日夜9時頃、異様な恰好で散歩をしていた中年の男と若い女が、警察官に呼び止められた。ふたりは夫婦で、24歳の妻に犬のリードで引かれる40歳の夫の表情は、嬉しそうだったという。

    しかし、人間を動物のごとく扱うのは嫌悪や不快な感情を催させる行為であり、内容によっては軽犯罪法違反にも相当する。


    関連記事:長嶋一茂、コロナ自粛中の家族仲を激白 外出自粛再開を「妻が1番恐れている」

    ■「犬の散歩は大切な日課」

    さらに、ケベック州ではロックダウンによる厳しい夜間外出禁止令が敷かれ、夜8時から朝5時までは外出禁止だ。

    そう告げる警察官に、夫婦は「これは大切な運動」「犬の散歩は許可されているはずだ」と主張。反省はおろか、ひたすら悪態をついたという。

    ■夫婦で計25万円もの罰金

    夜間外出禁止令においては、救急医療機関や薬局の利用、食料品の買い物や運動と同様に、犬の散歩も自宅から1 km以内の範囲で認められていた。

    とはいえ、警察官が人間の中年の男を「犬」として認めるわけがない。ロックダウンに違反した責任は重いとして、夫婦にはその後、それぞれが1,546カナダドル(日本円で約12万7,000円)の罰金を支払うよう命じられた。


    ■新型コロナ感染者が68万人を突破

    新型コロナウイルス感染者が累計で68万人を超えたカナダでは、死者も17,300人を突破。ケベック州ではモントリオールが危機的状況にあり、医療機関ではトリアージ(命の選択)が始まろうとしている。

    ベック州首相のフランソワ・ルゴー氏は、声明のなかで「この危機的状況に打ち勝つべく、我々州民は心を合わせ、一致団結できるはずだ」と述べ、ロックダウンへの協力とソーシャルディスタンスの徹底を呼びかけている。

    ・合わせて読みたい→夫に浮気疑われた妻が激怒 夫らの顔に酸をぶちまける拷問で逮捕

    (文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ロックダウン下→夫に犬のリードをつけて夜のお散歩→罰金刑に(カナダ)】の続きを読む


     トランプ大統領を支持してきたNRA=全米ライフル協会が破産法の適用を申請した。

    ・【映像】全米ライフル協会破産へ 

     NRAは15日、団体の登記があるニューヨーク州について、「腐敗した政治と規制だらけ」だと批判した。そのうえで、日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を申請し、テキサス州へ移転すると明らかにした。NRAをめぐっては、ニューヨーク州の検察が去年、NRA幹部が団体の資金を流用したとして組織の解体と賠償を求める訴えを起こしていた。

     NRAは豊富な資金力をバックトランプ大統領を支持するなど、政界に強い影響力を持っている。(ANNニュース
     


    (出典 news.nicovideo.jp)


    邦倒産法は、1978年の全面的改正により現在の枠組みの原型が整い、その後何度かの改正を経て今日に至っている。連邦破産法(れんぽうはさんほう)、または単に倒産法破産法とも呼ばれる。 連邦産法は、次のとおり九つの章 (Chapters) からなる。 第1章 総則 (General Provisions)
    15キロバイト (2,670 語) - 2020年5月7日 (木) 18:42





    <このニュースへのネットの反応>

    【トランプ大統領を支持してきたNRA=全米ライフル協会が破産法の適用を申請】の続きを読む


     ドイツでは昨年の12月中旬から厳しいロックダウンを敷いているが、いまだに新型コロナウイルスが落ち着く気配はない。ドイツの人口約8302万人に対し、ここ数日の1日当たり新規感染者数は1万5000〜2万5000人で1日の死者数は1000人。感染者、死者数共に減少せず、ロックダウンを敷いても収束の出口は見えていない。そんな状況を見て、今年1月初旬からは、学校やレストランは閉鎖し、スーパーマーケットや薬局など生活に必要な場所のみの営業を許可する従来の規制に加え、友人などで集まっていい人数は世帯プラス1名まで、移動していい距離は15キロメートル以内というさらに厳しい規制を敷くことをドイツ政府は発表した。

     さらに一部の州では、現在義務付けられている公共交通機関スーパーなどでのマスクの着用義務に対し、そのマスクは高性能の「FFP2マスク」のみが認められるという規制を13日に新たに追加。州としてはさらに感染を防ぐ目的があるが、子どもは呼吸が苦しくなる可能性もあることから着用義務があるのは15歳以上だ。規制は18日から有効だという。数週間は規制を破っても罰金は科さないそうだが、数週間後には公の場でFFP2マスクを着用していない場合、罰金が科される予定だ。

     ドイツ国民は、これまでは厳しいロックダウンであっても大多数の人が理解を示し従ってきた。だがこのマスクの規制に対しては現地でも多くの批判が寄せられているようだ。

     30代のドイツ人男性はFFP2マスクの着用義務について「流石にやりすぎ」「冗談かと思った」と皮肉を込める。発表から数日後には規制が敷かれることに対しても「急すぎる」と怒りをあらわにした。また別の30代の男性は「FFP2マスクを導入するより、社会的距離の徹底を義務付けた方がいいのでは」と疑問をぶつける。スーパーでは大きさに応じて人数制限を設けなければならないにもかかわらず、それを無視して混み合っていることがあったり、公園で大人数が集まって話したりしている姿をよく見かけるそうだ。

     別の40代の女性は「FFP2マスクでどれだけ感染拡大を防ぐことができるのか」と指摘。FFP2マスクを着用することよりも、その弊害を心配し、「普通のマスクでも酸欠になって頭痛がする。コロナ以外の心配もある」と口にした。

     なお、FFP2マスクの着用義務が発表されるや否や、通販でFFP2マスクを購入する人が増え、購入できるサイトはあるものの次々と少なくなっていった。ドラッグストアでも売り切れているところが増え、手に入れるために苦労した人は多い。ドイツに住む30代の女性は「大手の通販では売り切れていたから、買いに出た方が早いと思い薬局まで足を運んだ。薬局にはまだ数が十分あったけど、子どもを連れてマスクのために出かけるのは大変だった」と嘆く。

     ​>>日本では大絶賛、メルケル首相の“エモいスピーチ”現地の反応は?「今さら」「普通のこと」冷めた声も<<​​​

     しかしながら買い占めは行われてはいないようだ。州知事が「FFP2マスクは十分にある」と発言したことで数に関する不安は消えたことと、これまで幾度となくロックダウンを経験し、トイレットペーパーなどを買い占めたものの、結局数日後には店頭に並んでいた経験を多くのドイツ国民が経ているため、買い占めることに対する執着が薄れていることがその理由だろう。SNSでは「数は十分にあるらしい」という声も広がっていて、今のところ目立った転売は行われていない。

     少数ではあるが一部の国民からは「コロナを封じ込めるためにはやれることは全てやるべき。感染は抑えきれていないし、決断した州知事の勇気を称えたい」と賛成の声も挙がっている。

     現場では戸惑いや怒りの声が飛び交っている。FFP2マスク着用義務の効果は見られるのだろうか。その結果によっては世論が変わってくる可能性もあるだろう。

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.signalos.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【ドイツが新たなコロナ規制「流石にやりすぎ」「冗談かとおもった」】の続きを読む

    このページのトップヘ