シリア、ホムスで、イスラム国(ISIS)による攻撃

ISISは待ち伏せ攻撃を行い、アサド政権を支持するエルサレム旅団(Liwa’al-Quds)のパレスチナ人戦闘員20人以上を殺害した。@natsecjeff

シリア ISIS アサド

ISIS(アイシス)は、イラクとシリアで活動する組織です。
ISISの主な目的は、自分たちの国家を確立するという長期的な目標を達成することです。

エルサレム旅団(Liwa’al-Quds)は、シリア紛争でシリア政府に与して編成されたシリア在住パレスチナ人による民兵です。
PR

シリア紛争は、2011年3月に始まったシリア危機をきっかけに、政府と反政府勢力の間で続いている内戦です。国内の対立や外国の介入などが原因で、多くの人が亡くなり、国内外で難民が発生しています。

2021年6月現在、アサド政権がシリア中西部・南部など人口の多い地域を支配しており、クルド勢力がシリア北東部、イスラム主義勢力がシリア北西部、トルコが北部の国境地域を支配しています。

シリア国内では、空爆が続き、国内は荒廃しています。反体制派が統制する地域では、医療従事者さえも命を狙われています。
閲覧注意:アレッポ最後の小児科医 空爆で殺害される 

シリア内戦では、15,000人以上の女性と25,000人以上の子供を含む164,000人以上の民間人が殺害され、34万3千人以上の戦闘員が死亡しています。また、2011年から2020年の間に約1万2,000人の子どもが死傷し、5,700人以上の子どもが戦闘に参加させられています。

合わせて読みたい
PR

待ち伏せ攻撃をうけたエルサレム旅団
シリア ISIS 殺害
(出典 twitter.com)