イスラム教徒は、1日5回メッカの方角に向かって礼拝を行います。

インドにおいて、公道を占拠して礼拝を行うイスラム教徒に対する警察の対応についての映像

公共の場や公道を占拠して礼拝を行う場合、交通の妨げや他の市民の生活に影響を与えることが問題となることがあります。
PR

礼拝の時間は、その場所と日の出・日の入りの時間によって異なるので、地域や季節によって変わります。

おおよその目安は以下の通りです。

  • ファジル(夜明けの礼拝): 日の出前
  • ズフル(正午の礼拝): 正午ごろ
  • アサル(午後の礼拝): 午後3時前後
  • マグリブ(日没の礼拝): 日没後、夕方5時前後
  • イシャ(夜の礼拝): 夜7時前後

旅行中などは、礼拝の回数を減らす方や簡略化して5分程度の礼拝を行うこともあります。

合わせて読みたい とても悲しい事件です。

PR

公共の場での集会には、各国で異なる法律や規制があります。インドでは、公共の秩序を保つために警察が介入することがあります。

公道を占拠している場合、警察は秩序を回復するために介入し、必要に応じて強制的に排除することがあります。しかし、その際に過度の暴力が用いられる場合、人権問題として批判されることがあります。

こちらはデンマークの光景
PR

日本に住むイスラム教徒の正確な人数を把握することは難しいですが、推定値があります。2020年の報告によれば、日本に住むイスラム教徒の数は約200,000人とされています。この人数には、日本に永住しているイスラム教徒や一時的に滞在している留学生、労働者などが含まれます。
日本のイスラム教徒のコミュニティは、多国籍で多様です。日本人の改宗者も含まれており、日本国内にモスク(イスラム教の礼拝施設)やハラール食品を提供する店舗も増えています。

PR