転売ヤーは入店禁止? 三宿にあるグリルレストランの看板が面白い



昨年、新型コロナウイルス上陸と感染拡大の際、不織布マスクや消毒用アルコールトイレットペーパーなど生活必需品が品切れになったのは記憶に新しい。多くの人がスーパードラッグストアに行列をなし、入手に苦しんでいた時に跳梁跋扈していたのが「転売ヤー」だ。


画像をもっと見る

■コロナ禍でも暗躍した転売ヤー

転売ヤー」とは、定価や比較的安い価格で仕入れた品物をフリマアプリインターネットオークションなどで高く売る人たちのこと。「せどり」とも呼ばれる行為だ。

こうした人間が存在することで、本来必要な人が、メーカーが設定した価格で品物を買えなくなってしまい、本来はなかったはずの行列や争奪戦が起きる恐れもある。

人間のニーズや欲望につけこんだ卑劣な行為であるため、とくにネット上では転売屋ではなく「転売ヤー」という侮蔑を込めた言葉で呼ばれる。そんな転売ヤーに怒りを隠さないレストランを東京・三宿で発見した。


関連記事:『鬼滅の刃』で金を稼ぐ転売ヤー 志らくが放った過激すぎる発言に反響

■謎めいた看板が…

東京・世田谷区おしゃれなお店や人が集まるエリアとして知られる三宿。三宿交差点のすぐ近く、国道246号線の歩道にこんな看板が置かれていた。「当店ではNINTENDO Switchの転売をしている方の入店を固くお断りしております」…えっ!? なんだって?

最近はコロナ対策で「マスクしていない方は入店お断り」といった掲示をしている店は少なくない。しかし、なぜ「転売している方」しかも「NINTENDO Switch限定」なのだろうか。しらべぇ取材班は、この看板を出していたお店に話を聞いた。


■薪窯が売りのグリルレストラン

この店の名前は『薪窯グリル&バー GOOD LIFE』。ピッツェリアではないのだが、店内には立派なピザ窯が…。この店がオープンしたのは昨年10月だが、もともとピッツェリアだったため当時のオーナーが設置したのだという。

赤外線で中までじっくり熱が入る薪窯で焼き上げるステーキが、この店の名物。店長の西田さんいわく、「オーブンとも直火とも火の入り方が違う」という。キャンプで一度は味わったことがあるだろう「焼きマシュマロ」も食べることができるぞ。


■なぜ「Switch転売NG」なのか

そんなグリルレストランで、なぜ「NINTENDO Switch転売ヤーは入店NG」なのか。この看板を書いたという西田店長に聞いたところ、「昨夜、Switchを買えなかったから」とのこと。

ネットSwitchを買おうと探していたところ、値段が妙に高いことに気づいた西田さん。じつは定価のものは売り切れており、売られているものは転売品ばかりだった。この日の看板はそんな悲しいエピソードの結果だったのだ。


■毎日書き換えていた

GOOD LIFE』はいつも転売ヤーを入店禁止にしているのか…というとじつはそういうわけではなく、看板は西田さんが毎日書き換えている。コロナ禍でお客さんとのコミュニケーションが限られるなか、「昔、駅にあった伝言板」のような存在を目指しているという。

たとえば以前、店の前に500円玉が落ちていたのを拾った際は、「落ちていた500円玉、預かっています」と表示。ただし、落とし主は現れなかったそうだ。

そんなわけで、昨日限りだった「転売NG」の看板。転売ヤーの入店もOKということだが、やはり他人の迷惑になる転売行為は控えたいところである。

【薪窯グリル&バー GOOD LIFE

住所:東京都世田谷区池尻3-23-5

・合わせて読みたい→店舗大混雑のユニクロ『+J』で早くも高額転売が続出 「まさに地獄絵図」

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

転売ヤーは入店禁止? 三宿にあるグリルレストランの看板が面白すぎる


(出典 news.nicovideo.jp)