世界の衝撃ニュース

国内・海外の面白い~様々なニュースや話題をまとめています。 『あなたに「このニュースを見て本当によかった」と言わせてみせましょう』と言ってみたい。

    面白・感動・不思議


    車から降りずに注文から受け取りまでを完了できるドライブスルーは、接触機会が少なくて済むことからさらに需要が高まっている。このほど南アフリカ在住の男性がマクドナルドドライブスルーで遭遇した無礼な女性客とのやり取りを公開した。この男性の秀逸な復讐劇に「スカッとした!」と称賛の声が相次いでいる。『Bored Panda』『Mirror』などが伝えた。

    南アフリカの西ケープ州ケープタウン在住のネリー・ゼザ二さん(Nelly Zenani)が3月4日マクドナルドドライブスルーで出会った迷惑な女性客について自身のFacebookに綴った内容が話題を呼んでいる。

    この日の朝、ドライブスルーの注文窓口で商品を選んでいたネリーさんは、すぐ後ろに並ぶ車にいた女性から「選ぶのに時間をかけすぎ!」と中指を立てられ、大声で罵声を浴びせられた。必要以上に他者を急かし、あまりに無礼な言動に怒りを覚えたネリーさんは、ここである復讐方法を思いついた。

    支払い用窓口へと車を進めたネリーさんは、後ろの車の女性が注文を終えるまで待ち、会計担当の女性に2台分の商品支払いを申し出た。なんとネリーさんはこの無礼な女性客の商品代まで支払ったのである。

    数分前まで悪態をついていた相手に親切を施されてしまった女性は「お会計は先ほどの男性がお済です」と告げられて、おそらく気まずい思いをしたに違いない。

    当時の女性の様子を、ネリーさんはこのように明かしている。

    「(商品受け取り用の)次の窓口に進んだ僕に、店員から『もうお支払いされていますよ』と告げられた女性は車の窓から身を乗り出し、変なものでも見るかのような表情を向けていたよ。」

    「おそらく自分の行動を恥ずかしく感じたんだろうね。バックミラー越しに僕と目線が合わないように避けていたから。」

    予想外の行動をされて戸惑いを隠せない女性だったが、ネリーさんの真の復讐はここからが本番であった。

    商品の受け取り窓口へと進んだネリーさんは、その復讐についてこう綴っている。

    「商品受け取りの最後の窓口へと進んだ僕は、店員に(ネリーさんと女性の)両方のレシートを提示して、彼女の分の商品まで受け取ったんだ!」

    「『僕が支払ったんだから、僕のモノさ!』ってね。これで彼女はもう一度列に並びなおして、さらに長い間待たねばならないってわけだ。今日のことが良い教訓になったはずさ。」

    この女性は注文を急いた挙句、よけいな遠回りをすることになってしまったようだ。

    ネリーさんのこのたびの投稿は23万件以上もシェアされ、ユーザーからはこのようなコメントが届いている。

    「本当にスカッとしたよ!」
    「こんな終わり方は全く予想もしていなかったわ(大笑いの絵文字)」
    「なんで僕にこんなことを教えたのさ! やってみたくて仕方がないじゃないか」
    「もし僕に同じことが起こったときには、この方法を試してみるよ」
    「ちょっと器量が狭すぎない? こんなことしなくても」
    「私も同じような体験をしたわ! 私の場合、窓を開けて爆音の音楽で注文を邪魔してやったの!」

    画像は『Nelly Zenani 2021年3月4日Facebook「So I was in the McDonald’s drive-through this morning and the lady behind me continuously hooted at me and flipped me off because I was taking to long to order.」』『Mirror 2021年3月27日付「McDonald’s customer takes geniuspetty’ revenge on impatient woman at drive-thru」(Image: PA)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 YUKKE

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【後ろから急かされた男性 驚きの復讐に「スカッとしたよ!」】の続きを読む


    絶滅危機1級の「黄金コウモリ」、失神状態で発見も結局死ぬ=韓国 


    NO.9373421 2021/04/04 19:36
    絶滅危機1級の「黄金コウモリ」、失神状態で発見も結局死ぬ=韓国
    絶滅危機1級の「黄金コウモリ」、失神状態で発見も結局死ぬ=韓国
    絶滅危機野生生物1級の「黄金コウモリ」が無等山(ムドゥンサン)国立公園で失神した状態で見つかりその後死んだ。黄金コウモリは天然記念物第452号であるクロアカコウモリの別名だ。

    無等山国立公園事務所が2日に明らかにしたところによると、近隣住民が先月15日に公園区域内で翼が裂けて動けなくなっているコウモリを見つけ公園事務所に連絡した。

    国立公園側は住民からの連絡を受けコウモリを保護し、光州(クァンジュ)野生動物救助センターに移送した。センターに移されたコウモリは集中治療を受けたが健康を回復できず死んだ。

    センター側は「調査の結果、絶滅危惧種であり天然記念物第452号であるクロアカコウモリと確認された」と明らかにした。このコウモリは生態系破壊により個体数が減っており絶滅危機にさらされている世界的な貴重種だ。絶滅危機1級として保護されているクロアカコウモリが無等山国立公園で見つかったのは初めてだ。

    国立公園側はこのコウモリが衰弱した状態で冬眠している中で目覚め野外活動をして負傷したと推定した。

    無等山国立公園事務所関係者は「クロアカコウモリの発見は無等山の生態系が健康だという証拠。今後も野生生物の生息地保護に努めたい」と話した。



    【日時】2021年04月04日 11:17
    【ソース】中央日報
    【関連掲示板】








    #1 [匿名さん] :2021/04/04 19:37

    コウモリに近づくな


    #2 [匿名さん] :2021/04/04 19:37

    ゴールデンバット


    #3 [匿名さん] :2021/04/04 19:38

    黄金バット


    #4 [匿名さん] :2021/04/04 19:39

    食べる人種が居たら絶滅するのは当たり前なのですよ


    #5 [匿名さん] :2021/04/04 19:39

    コウモリが衰弱した状態で冬眠している中で目覚め野外活動をして負傷したと推定した。

    意味がわからない


    #7 [匿名さん] :2021/04/04 19:41

    スプレー塗装


    #11 [匿名さん] :2021/04/04 19:45

    コロナウィルスってコウモリからじゃなかったか?


    #14 [匿名さん] :2021/04/04 19:46

    >>11
    え?
    本気で自然発生だと思ってるの?


    #13 [匿名さん] :2021/04/04 19:46

    黄ばんでるだけやないか


    #17 [匿名さん] :2021/04/04 19:48

    >>13
    だって黄金だもの


    #25 [匿名さん] :2021/04/04 19:58

    天然記念物が来るほど環境の良い韓国





     刺身によし、煮物によしのほたて。その衝撃の事実をめぐるツイートTwitter民をはじめ、北海道民までも戦慄させています。これはある意味知りたくなかったやつ……!

    【画像で見る:黒い点の正体】

     話題を呼んでいるのは、笑って遊べるさかな4コマずかんを発表しているさかなおにいさん かわちゃん(@sakana_bro)さんの作品、「ほたてのびらびらの秘密」。

     さっそく「ゴキゲンなメンバー(部位)を紹介するぜ!」と始まったのは、ほたての部位にまつわる紹介で、まずは「貝柱」。実は“殻をとじるための筋肉”だといい、ほたてパタパタしながら時速50キロで泳げるのも、この貝柱のおかげとのこと。かわちゃんさんは“貝界のマッチョメン!”と評価しつつ、「マッスルすぎて貝なのに泳げちゃう」ともコメントしています。

     続いては「生殖巣」「中腸線(うろ)」「外套膜(がいとうまく/貝ひも)」の紹介。この中に出てきた「外套膜」こそが、いわゆる“ビラビラ”であり、ほたての貝がらを作る器官なのだそうです。

     「あとびらびらには目が60~120個ついている(ミテイルゾ…)」と、ここで突然ビラビラについている黒い点は全部ほたての“目”であることがイラスト付きで明かされました。

     この衝撃の事実について、かわちゃんさんは「名誉北海道民の皆さんも知らないホタテの話」とツイートしており、この4コマを見た人からは「こわっ!?」「目っ?!」「目がめちゃくちゃついてるの知らなかったわ!」「道民なのに知らんかったわ……」と驚きの声が上がっているほか、「知りたくなかった…ホタテの目…(ホタテ大好き)」との声も。ちなみに青森県ほたて流通振興協会によると、ほたての目は「物を識別するというより光を感じる程度」とのことでした。

     かわちゃんさんは、Instagramでもクスッとためになる さかな4コマ図鑑を投稿中。気になる人はチェックしてみると良さそうです。

    作品提供:さかなおにいさん かわちゃん(@sakana_bro)さん

    (Kikka)

    話題の作品「ほたてのびらびらの秘密」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ホタテガイ(帆立貝、学名:Mizuhopecten yessoensis)は、二枚貝綱- 翼形亜綱- イタヤガイ科のMizuhopecten 属に分類される軟体動物の一種(1種)。通称、ホタテ(帆立)。寒冷海洋性 食用としても重要な貝類の一つ。 開国を要求するために日本に来航したマシュー・ペリー率い
    30キロバイト (3,526 語) - 2021年3月10日 (水) 15:01



    <このニュースへのネットの反応>

    ちりめんじゃこだの佃煮だの「目」が一杯付いてる食品を食べてきた者としては今更感があります。


    ホタテをなめるなよ


    トライポフォビアってヤツかな


    何なら目玉そのものだって美味しく頂いて来てるしな。鯛とか鮪とかの。


    かっこいいなホタテ



    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

    散歩中に発作を起こした飼い主を助けるため、犬が体を張って車を止める
    image credit: youtube


     犬が危機に直面した飼い主を必死で助けようとする話は、これまでにもカラパイアで何度か伝えてきた。実際にアメリカ研究では犬に飼い主を助けたいという強い気持ちがあることが明らかになっている。

     カナダ住宅街での出来事だ。散歩中、突然の発作を起こして倒れてしまった飼い主を救うため、犬が驚きの行動を取った。

     誰かに助けを求めようと、犬は走ってくる車の前に立ちはだかり、車を止めて運転手の気を引いたのだ。この犬の機転のおかげで、飼い主は無事救助された。『CTV News』、『UPI』などが伝えている。

    【散歩中に犬の飼い主が発作を起こして倒れる】

     カナダオタワの郊外スティッツビルに住むヘイリー・ムーアさんは、3月16日の朝、いつものようにマレンマ・シープドッグミックスである愛犬、クローバーの散歩に出かけた。

     ところが、道路脇を歩いていた時に突然発作が起こり、ヘイリーさんはその場に倒れてしまった。クローバーは心配そうに飼い主に寄り添いながら、なんとか起きてもらおうとまわりをうろちょろするが、飼い主が起きる様子はない。

    camera2_e
    image credit: youtube


     そこでクローバーは、苦しむ飼い主を救うためにある行動に出た。その一部始終は近所住民の防犯カメラに捉えられていた。


    This family dog saved her owner by stopping a car for help

    通行中の車の前に立ち、通せんぼして運転手に助けを求める

     クローバーは、飼い主に緊急事態が起きていることを誰かに伝え、助けてもらおうとしたようだ。

     近くの道路を走る車を見つめたクローバーだが、その車の位置からでは運転手は気が付くことができなかったようだ。

     すると今度は目の前の道路に1台の車がやってきた。そこで、クローバーは思い切って車の前に飛び出し、通せんぼをした。

    camera3_e
    image credit: youtube


     車を運転していた運転手のドライデン・オートウェイさんは、突然前に出てきた真っ白い大きな犬が目の前で通せんぼしているのに驚いて、すぐに車を止めた。

     
     それと同時に、路脇に倒れているヘイリーさんのことに気が付いた。ヘンリーさんに近づき、体の状況を確認すると、近所の人にそのことを知らせた。

    camera4_e
    image credit: youtube


     後のメディア取材でオートウェイさんは次のように話している。
    犬は明らかに私に助けを求めにきたようです。私と一定の距離を保ちながらも、飼い主に近付く様子をじっと見守っていました。

    飼い主が大丈夫であるかどうかを確認したかったのでしょう。犬が車の前で通せんぼしてまで、飼い主を救おうとするなんて、本当に感心しました。


     また、オートウェイさんから助けを求められた近所住民のダニエルパイロンさんは、ヘイリーさんの自宅へクローバーと戻り、家族にヘイリーさんの異変を知らせた人物だ。
    すぐにジープを止めて飛び降り、彼らのところへ駆け寄りました。オートウェイさんからは「ヘイリーさんが倒れていた。よくわからない状況だ」と聞きました。

    犬は、飼い主のそばから離れたくない様子でしたが、「もっと助けが必要」と思ったのか、家に戻ろうとしたのです。だからクローバーと一緒にヘイリーさんの自宅へと走りました。


     パイロンさんからの知らせを聞いたヘイリーさんの父ランドールさんによると、この時クローバーはヘイリーさんの異変を家族に知らせようとしてか、狂ったように吠えていたという。

     
     家族がクローバーと一緒に急いで現場へ向かった時には、ヘイリーさんは既に駆け付けていた救急車の中で、救急隊員によって治療を受けていた。

    娘を見たら、顔が泥だらけになっていて、支離滅裂な状態で、どこにいるのか全くわかっていないようでとても怖かったです。(ランドールさん)

     しかし、幸いにもヘイリーさんは無事だった。クローバーによって、素早く周りの助けを借りることができたため、命が救われたのだ。

    1_e0
    image credit: youtube

    ヘイリーさんとクローバーに結ばれている強い絆

     ヘイリーさんが、なぜ突然発作を起こしたのかについては、原因がわからなかったそうだ。

     
     後日、メディアの取材を受けたヘイリーさんは、愛犬の勇気ある行為を称賛し、次のように語った。

    クローバーが、あの日私を救おうをしてくれたことを知って、とても慰められた気持ちになりました。

    動物はとても聡明ですが、クローバーは本当に素晴らしい犬です。大好きです。もしまた同じことが起こっても、今までの10倍は安心できます。クローバーが私の傍にいてくれる限り、きっと大丈夫だと思えます。


    2_e0
    image credit: youtube

     ヘイリーさん家族から大きな感謝を受けたクローバーは、ヘイリーさんを救ってくれたお礼にと、ヘイリーさんの母ダイアンさんから大きなステーキを2枚もご褒美に貰ったそうだ。
    妻が、大きなステーキを2枚も買ってきたので「これは上手そうだぞ。今夜はステーキか!」と思ったら、「違うわよ。これはクローバーのよ」と言われてしまいました。

    確かにクローバーステーキを食べるに値するだけの、善行をしてくれましたからね(笑)


     このように話すヘイリーさんの父ランドールさんも、ヘイリーさんを助けた隣人たちも、飼い主を慕う忠実で聡明なクローバーを「ヒーロー犬」として称賛。同時に、ヘイリーさんとの絆の強さを認識させられたようだ。

     
     パイロンさんは、「クローバーは、ヘイリーさんにとって親友なんだなと思いました。クローバーが傍にいると、ヘイリーさんも今後は安心でしょう」と話している。

    written by Scarlet / edited by parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    動物・鳥類の記事をもっと見る

    何目的?猫ベッドをダンボールに詰めこもうとする猫 - カラパイア

    子犬「ボク、家の中に入ってもいいんですか?」初めて人のぬくもりに触れた野良子犬の幸せを守りたい - カラパイア

    防護服を着て研究室を出入りすることを唯一許された犬、障害を抱えた研究者をサポートするゴールデン・レトリバー(アメリカ) - カラパイア

    雪上のファンタジー。野生のアカシカがグレートピレニーズとはじめましてのチュウ - カラパイア

    散歩中に飼い主が突然発作、犬が体を張って車を止め、助けを求める(カナダ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【散歩中に飼い主が突然発作 犬が体を張って車を止め 助けを求める(カナダ)】の続きを読む


    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

    数の暴力。カモの大群が道路を占拠

     カモ科の鳥を飼育する農家は、カモの大群を誘導し別の餌場のある池と移動させることがある。この映像はタイで撮影されたものだがその数に圧倒される。

     道路が完全に埋め尽くされるほどの数なのだ。数千、数万、あるいは数十万くらいはいたのかもしれない。一度途切れたと思ったら新たな大群がまたやってくるのだから。 

    【カモの大群に埋め尽くされた道路】

    Thousands of ducks flood a street in Thailand

     この映像は、カモの大移動の時にたまたま道路にいた車から撮影したものである。その数たるや、道路が完全に埋まるほど。

     洪水ならぬ洪カモ状態で車は一時停止せざるを得ない状況となっている。

    2

     東南アジアや中国などでは、一般道路を使ってカモ科の鳥たちを移動させているのだそうだが、急いでいない時なら大量のカモを観察する絶好の機会だ。

     だが急いでいるときだと悲劇だ。車の周りに迫りくる数千、数万のカモ。ある種のパニック映画モブキャラになった気分だろう。

    3

     やっとカモ軍が掃けてきたと思ったら2軍がやってきた!

    4

     さらに3軍が後ろに迫ってきている!
     これは当分この場所にロックオンだな。

    5

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    動物・鳥類の記事をもっと見る

    犬ってやつは(涙)...後ろ脚が不自由な犬、飼い主に呼びかけられると全力で駆け寄りうれしさを全身で表現 - カラパイア

    食いしん坊ワン歳!順番でおやつをもらう犬たちの中で堂々と横入りしまくる犬 - カラパイア

    Wildlife Aid~うちの猫のベッドで狐が寝てるんですけど?起きる気配のない子狐に猫ズも唖然 - カラパイア

    飼い主と一緒に冒険の旅を続ける犬と猫の物語(アメリカ) - カラパイア



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【映画?数万のカモの大群が道路を完全に埋め尽くす(タイ)】の続きを読む

    このページのトップヘ