世界の衝撃ニュース

国内・海外の面白い~様々なニュースをまとめています。

    事件・事故・災害


    百戦錬磨のニワトリ 飼い主を攻撃(インド)



    百戦錬磨のニワトリは人を殺せる!

    動物愛護の観点から、世界中で取り締まりが広がる闘鶏(とうけい)。だがインド東南アジアにおいては根強い人気があり、警察の目が届かない村や街で闘鶏が現在も行われている。

    今回、そんな違法な闘鶏を行なっていた男性が、鶏に逆襲されてしまったようだ。

    The man had tried to stop the bird escaping when he was struck in the groin by a knife on the animal's leg.

    https://news.snb.sa/indian-man-killed-by-his-own-rooster-during-cockfight-world-bbc_news/

    Best Buy Stores Onlineさんの投稿 2021年2月27日土曜日

    事件が起きたのは、インド南部に位置するランガーナ州の小さな村。警察によると、ここで鶏の足にナイフをつけた闘鶏が行われており、15人以上の地元住民が集まっていたという。

    ところがその最中、1匹の闘鶏が逃げようとしたそうで、飼い主が捕まえようと追いかけた。その結果、刃渡り7cmのナイフ鼠蹊部にあたり、意識不明に。

    参加者らが病院に連れて行こうとした途中で、大量失血で亡くなったという。動物は駆けつけた警察によって押収され、警察署に収容されたとのこと。イベントに関与した人々は、過失致死、賭博、闘鶏の開催の罪に直面しているといい、警察は参加者の身元を追っているという。

    押収された鶏は、後日法廷で証拠品として提出されるとのこと。

    インドにおいては1960年以降闘鶏は違法となっているが、農村地域では一般的に行われており、地元のヒンドゥー教お祭り「サンクランティ祭」ではよく開催されるという。そのため、こうした事故は過去にもしばしば報告されている。

     

    参照元:BBCFacebook

    【強すぎ】闘鶏をおこなっていたインド人男性が自身のニワトリに殺され死亡


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【百戦錬磨のニワトリ 飼い主を攻撃 意識不明に(インド)】の続きを読む


    好奇心が招いた悲劇か ドラム式洗濯機に閉じ込められた幼児が事故死 


    ニュージーランドで、幼い男の子ドラム洗濯機に閉じこめられて死亡する事故が起きた。ニュージーランドの『stuff』やイギリスの『The Sun』が報じている。


    ■悲劇的な事故

    19日午後5時頃、ニュージーランド南島クライストチャーチの民家で、幼い男の子(未就学児と報道)がドラム洗濯機の中で動かなくなっているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。

    親は洗濯機セットした後にその場を離れており、男の子が入り込んだことには気づかなかったという。


    関連記事:プールで溺死した2歳の双子 悲しすぎる監視カメラ映像に両親の涙止まらず

    ■警察が原因を調査中

    なお警察は、現時点では事件性を疑っておらず、事故と見て調査を続けている。

    男の子はいつ、なぜ作動中の洗濯機に入り込んだのか。ふたが閉まるとロックがかかり、同時に運転が始まる洗濯機だったのか。不測の事故を防ぐような機能はなかったのか。故障なども含め、一家が使用していた洗濯機に関し、詳しく調べなければならない点が多いようだ。

    ■相次ぐ洗濯機での事故

    たとえばアメリカでは2014年以降、5歳未満の子供たち約3,000人が洗濯機による事故で死傷している。2歳児が母親の就寝中に回転式乾燥機の中に入り込み、窒息死する。動いている洗濯機に興味を持ち、中に入って溺死するなど、ケースは様々だ。

    救助された子供たちは、概して家電に興味津々で「自分もやってみたかった」と語り、親が見ていない隙を狙って事故に遭っていたという。


    ■子供には危険意識を学ばせる

    ほんの一瞬、大人が目を離した隙に危険なことをやらかし、ケガしてしまう幼い子供たち。

    しらべぇ編集部が全国10〜60代の子供のいる男女687名を対象に調査を実施したところ、全体の52.7%が「子供から目を離さないというのは無理な話だと思う」と回答した。男女とも20代が突出しているようだ。

    幼い子は目の前で遊んでいたと思えば、いつの間にか違う場所で、時には静かに何かをいじっていることもしばしば。危険な目に遭って学ぶこともあるが、事故だけは避けたいもの。家電はおもちゃではないこと、遊べばどういうことが起き、危ないのか、普段からしっかりと言い聞かせることが大切だ。

    ・合わせて読みたい→幼い姉が下りエスカレーターでベビーカーを押し… 親の姿なく転落して重傷

    (文/しらべぇ編集部・桜田 ルイ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年3月22日2019年3月27日
    対象:全国10代~60代の子供がいる男女687名(有効回答数)

    好奇心が招いた悲劇か ドラム式洗濯機に閉じ込められた幼児が事故死


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【幼い男の子がドラム式洗濯機に閉じこめられる事故】の続きを読む


    凍ったプールに愛犬が転落 氷を叩き割り救出した女性に称賛相次ぐ


    氷を突き破り冷たいプールの底に沈み、まったく動けなくなった愛犬。それに気づいた飼い主がまさに命がけで救出したことを、『New York Post』など海外メディアが報じている。


    ■雪に大興奮した犬に悲劇

    先日、米国・テネシー州で暮らす女性が、深く積もった雪を家から眺める愛犬2匹を見て、「外で思い切り遊ばせてやろう」と考えた。

    外に出してもらい大喜びした2匹は、庭にあるプールのまわりを猛ダッシュ。しかし1匹が足を滑らせ、プールに張った氷を突き破って冷たい水の中へ落ちてしまった。気づいた女性は焦り、すぐに救出を試みたという。


    関連記事:溺れた妹を助けようと… 凍てつく池に飛び込み救出した10歳兄が死亡

    ■氷を叩き割り犬を探した女性

    女性はプールに入ったものの、氷はあまりにも厚く、底に沈んだままの犬を見つけることはできなかった。

    それでも諦めず、素手で分厚い氷を必死に叩き割りながら、プールの中を移動。そのまま一往復したが犬を見つけることはできず、いったん外に出て、上からプールの中を覗きこむことにした。


    ■間一髪で救えた尊い命

    プールの周囲を走りながら水の中を必死に確認した女性は、底に沈んでいる犬の影を発見。そこで再び水の中に入り、まったく動くことができずにいた23キロ近い犬を救い出した。

    その後に治療を受けた犬はどうにか回復したが、診察した獣医は「助かったのは奇跡です」「あと数秒遅れていたら危なかった」と話したという。

    氷を叩き割った女性の手には切り傷がいくつもできていたが、のちにメディアの取材に応じ、「アドレナリンが出ていたんです」「手の怪我は気にもなりませんでした」と語っている。


    ■称賛の声が噴出

    救出劇をとらえた監視カメラ映像が公開され、多くの人が女性の勇気と愛に感動した。

    インターネットには「刺されるような痛みに耐えて、分厚い氷を割ったに違いない」「映像を見て涙が溢れた」「ひたすら尊敬する」というコメントが多数書き込まれている。

    また動物を愛する人たちからは、「このような状況なら、自分も咄嗟に同じ行動に出るはず」という声もあがっている。動物を虐待する悪質な者もいるが、人間と動物の絆は確かに存在する。

    ・合わせて読みたい→「雪に埋もれた飼い主を助けたい」 救出に貢献した賢いヒーロー犬が話題に

    (文/しらべぇ編集部・マローン 小原

    凍ったプールに愛犬が転落 氷を叩き割り救出した女性に称賛相次ぐ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【雪に大興奮した犬に悲劇 救出した女性に称賛相次ぐ】の続きを読む


    5歳男児が餓死、母親ら2人逮捕…「ママ友」が家族を支配か 福岡 - 事件・事故


    NO.9293059 2021/03/02 16:17
    5歳男児が餓死、母親ら2人逮捕…「ママ友」が家族を支配か 福岡
    5歳男児が餓死、母親ら2人逮捕…「ママ友」が家族を支配か 福岡
    福岡県篠栗(ささぐり)町のマンションで昨年4月、当時5歳の男児に十分な食事を与えずに餓死させたとして、県警は2日、母親の碇(いかり)利恵(39)、知人の赤堀恵美子(48)両容疑者を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。県警は、赤堀容疑者が碇容疑者から多額の生活費をだまし取るなど支配下に置いていたとして、赤堀容疑者にも男児に対する「保護義務」があると判断した。

    捜査関係者によると、両容疑者は、篠栗町の碇容疑者方のマンションで、碇容疑者の三男・翔士郎(しょうじろう)ちゃんに十分な食事を与えずに栄養失調状態にしたうえ、病院に連れて行くなど適切な治療を受けさせず、昨年4月18日に死亡させた疑いが持たれている。翔士郎ちゃんの死因は餓死だった。

    翔士郎ちゃんが息をしていないことに碇容疑者が気づき、赤堀容疑者が消防に通報して発覚した。翔士郎ちゃんはあばら骨が浮き出るほど痩せ、体重は5歳児の平均(18・9キロ)を大幅に下回り、2歳児並みの約12キロだった。目立った外傷はなかった。

    碇容疑者は、翔士郎ちゃんを含む子ども3人との4人暮らし。福岡児童相談所などでつくる協議会は2019年秋頃から、一家を支援対象として家庭訪問を行っていた。翔士郎ちゃんの死亡後、2人の兄は児相が一時保護した。

    両容疑者は「ママ友」として知り合い、赤堀容疑者は数年前から碇容疑者宅を頻繁に訪れていた。碇容疑者は赤堀容疑者に信頼を寄せ、次第に赤堀容疑者の指示通りに行動するようになったという。

    赤堀容疑者は19年6月から昨年6月までの..

    【日時】2021年03月02日 15:19
    【ソース】読売新聞オンライン








    #12 [匿名さん] :2021/03/02 16:24

    >>0
    なんだまた福岡か。


    #14 [匿名さん] :2021/03/02 16:30

    >>0
    ママ友?は?
    しっかしよく肥えてるな右上の豚。


    #28 [匿名さん] :2021/03/02 17:16

    >>0
    騙し合いで共倒れ! 女の浅知恵は昔からw


    #30 [匿名さん] :2021/03/02 17:36

    >>0
    旦那は碇ゲンドウ?


    #35 [匿名さん] :2021/03/02 17:46

    >>0
    新手の貧困ビジネスだな!?
    シンママを洗脳して生活保護費と児童手当を巻き上げる…


    #20 [匿名さん] :2021/03/02 16:57

    ママ友とか作らん方がいいよ
    私なんかママ友いないよ?
    一匹狼だよ🐺


    #23 [匿名さん] :2021/03/02 17:05

    口が上手くてプライベートにまでずかずか入り込んでくるデブ女は要注意だぞ(笑)


    #31 [匿名さん] :2021/03/02 17:37

    >>23
    それな!仕事で知り合ったデブ女に酷い目に合わされたことある
    金は抜かれるし私物は漁るし、散々だった!
    あと周りにあることないこと言いふらす


    #43 [匿名さん] :2021/03/02 18:09

    母親が頼りないと子供が可愛そう


    #56 [匿名さん] :2021/03/02 18:13

    >>43
    なんの動物でも言える事ですね。メスが欠陥あったら子孫残せず。



    ロシアのケメロヴォ州にある、オシンニキ市内のとある交差点で発生した、1台の車が炎上している様子の動画がYoutube で投稿されました。

    こちらの動画、何が凄いかと言うと、大胆すぎる消火方法が話題となっているんです!

    今回は、日本ではまず見ることがない衝撃の消火現場をご紹介します。

    あわや大惨事!必死の消火活動!

    動画の投稿者さんがオシンニキ市内の交差点を走行中、1台の炎上車両を目撃しました。


    出典:Youtube

    炎上車両の運転手さんらしき方が消火器で必死で消火している様子がわかります
    しかし、どうやら消火器で消火できるレベルではないようです!

    そこへ大量の雪を積んだトラクターが...!

    トラクターによる連携プレーで無事鎮圧!

    大量の雪をショベルに積んだブルドーザーが救援に来てくれました!


    出典:Youtube

    ドサっと炎上車両のフロント部分を雪で覆って一瞬で鎮圧。

    なんと斬新というか、大胆な消火方法ですよね!
    日本では見られない光景です。

    援護に来た方達も車が鎮火されていく様子を心配そうに見守っています。


    出典:Youtube

    そこへ、やっと消防車が到着!


    出典:Youtube

    ブルドーザーによる見事なファインプレーのおかげで大惨事になることなく無事鎮火されました!

    動画はこちら

    最後に動画をどうぞ。

    消防車が到着するまでの間、人の手だけでは鎮圧までかなりの時間を要しますよね。

    このブルドーザーの豪快で大胆な消火方法のおかげで、鎮圧も早まり被害を最小限に抑えることが出来たのではないでしょうか。雪が大量にあるロシアならではの消火法でしたね!

    何はともあれ無事でよかった!

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    出典:Youtube(Burning Vehicle Gets Covered in Snow)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【市街地で車が炎上!大胆すぎる消火方法が話題に!(ロシア)】の続きを読む

    このページのトップヘ