世界の衝撃ニュース

国内・海外の面白い~様々な衝撃的ニュースや話題をまとめています。

    PR

    社会・政治・経済・軍事

    生活保護の不正受給は、日本において深刻な問題として認識されています。不正受給にはさまざまな形態がありますが、特に外国人による不正受給が注目されることがあります。具体的には、貯金や収入を隠して生活保護を受け取るケースなどが報告されています。

    PR

    生活保護の申請において、役所が外国人の国外資産を調査する権限には制約があります。日本国内の資産については調査が可能ですが、国外の資産については以下のような理由から調査が難しいとされています。

    対策と課題
    モニタリングの強化:国外送金や国外での大規模な支出など、不自然な金融活動が見られる場合には、金融機関との連携を強化し、疑わしい取引を監視することが有効です。

    市民からの通報制度の整備

    生活保護の不正受給について、市民からの通報を受け付ける制度を整備し、疑わしい事例については詳細な調査を行う体制を整えることも重要です。
    PR

    現在でも、
    【財産を隠して日本の生活保護を受けている中国人急増】
     とある在日中国人女性の動画。

    合わせて読みたい

    特定の国籍の人々による不正受給が問題視されることがあります。特に中国人の不正受給がメディアで報じられることがありますが、これは必ずしも全体の代表ではありません。

    もし私が東京都民だったら・・・

    蓮舫議員に対する懸念

    1. 蓮舫議員の背景
        - 蓮舫議員は日本の参議院議員であり、台湾出身の両親を持つ日本国籍の人物です。彼女が「中国系」とされることがあります。
        - 蓮舫議員は以前から日本の政治に積極的に関わっており、主に立憲民主党に所属しています。

    PR

    2. 政策に関する懸念
        - 蓮舫議員が都知事に立候補した場合、具体的にどのような政策を打ち出すのかは公約を見て判断する必要があります。親中政策についての懸念がある場合、それに関する具体的な政策提案や発言を基に議論することが重要です。
        - 太陽光パネルの設置についても、環境政策やエネルギー政策の一環として議論されるべきものであり、それが中国製品に依存するかどうかは別の問題です。

    合わせて読みたい


    3. メディア報道の影響
        - 中国メディアがどのように報じているかは一つの情報源に過ぎません。その報道の背景や意図を理解しつつ、蓮舫議員自身の発言や日本国内のメディアの報道も参考にすることが重要です。

    4. 選挙と民主主義
        - 日本は民主主義国家であり、選挙によって公職者が選ばれます。都知事選挙も例外ではなく、候補者の公約や政策を有権者が評価して投票するプロセスが重要です。
    PR

    選挙の際には様々な候補者の公約をよく比較し、慎重に判断することが大切です。

    「帰化人」という言葉は、元々外国籍であったが、日本に帰化して日本国籍を取得した人々を指します。

    辻󠄀元 清美(つじもと きよみ、1960年〈昭和35年〉4月28日 - )は、日本の政治家。 立憲民主党所属の参議院議員(1期)。 立憲民主党代表代行。

    土井 たか子は、日本の政治家。 衆議院議員、日本社会党委員長、衆議院議長、社会民主党党首を歴任し、日本初の女性の衆議院議長、日本初の女性の政党党首を務めた。 ウィキペディア

    合わせて読みたい


    福島 瑞穂は、日本の弁護士、政治家。社会民主党所属の参議院議員、社会民主党党首、同参議院議員会長。宮崎県延岡市出身。神奈川県在住。内縁の夫に海渡雄一を持つ。 内閣府特命担当大臣、社会民主党副党首、同幹事長、学習院女子大学客員教授などを歴任した。 ウィキペディア
    PR

    日本で帰化した外国人が国会議員になった例は複数あります。以下にその中でも著名な人物を紹介します。
    PR

    1. 蓮舫(れんほう)
       - 本名:杉村 蓮舫(旧姓:村田)
       - 生年月日:1967年11月28日
       - 出身地:東京都
       - 背景:台湾出身の父と日本人の母を持ち、1985年に日本国籍を取得しました。メディアでの活動を経て、2004年に参議院議員として初当選しました。その後、民主党(後の民進党)の代表などを務め、現在も立憲民主党の国会議員として活動しています。
    PR

    2. 白 眞勲(はく しんくん)
       - 生年月日:1958年12月8日
       - 出身地:ソウル特別市(韓国)
       - 背景:1993年に日本に帰化
    白 眞勲は、日本の政治家。立憲民主党所属の元参議院議員。元朝鮮日報日本支社長。現在も東京都在住。 ウィキペディア

    これらの人物は、日本に帰化して国会議員として活躍している例です。他にも地方議会や他の公職に就いている帰化人もいます。

    日本人の税金を使って介護施設を経営し、中国人にサービスを提供するという状況に対して、日本人から不満や懸念が上がる。

    PR

    理由について考察します。

    1. 税金の使い道に対する疑問
       - 日本人の税金が中国人の経営する介護施設に使われ、そのサービスが主に中国人向けに提供される場合、日本人の納税者は自分たちの税金が自国民の福祉に使われていないと感じ、不満を抱く可能性があります。税金は国民のために使われるべきだという考えが強いからです。

    2. 公平性と優先順位の問題
       - 日本国内には、多くの日本人高齢者が介護サービスを必要としています。税金が外国人経営の施設に使われることで、日本人高齢者へのサービスが後回しになるのではないかという懸念があります。特に、介護施設の数や質が十分でない地域では、この懸念が強まるでしょう。

    3. 経済的影響
       - 外国人経営の介護施設が増えることで、日本人経営の介護施設が経済的に圧迫される可能性があります。これにより、日本の介護業界全体に影響が及び、日本人経営者や従業員が不利益を被ることが懸念されます。

    4. 文化や言語の違い
       - 介護施設で提供されるサービスにおいて、文化や言語の違いが大きな障壁となることがあります。日本の高齢者が外国人経営の施設で十分なケアを受けられない可能性があるため、不満が生じることがあります。

    5. 制度の悪用への懸念
       - 一部の人々は、外国人が日本の税制や福祉制度を悪用していると感じる場合があります。特に、制度の透明性や適正な運用が確保されていない場合、外国人経営者が不当に利益を得ているとの疑念が広がることがあります。
    PR

    これらの懸念に対して、以下のような対応策が考えられます。

    透明性の確保
      - 介護施設への補助金や税金の使途について、詳細な報告や監査を行い、透明性を高めることで、納税者の信頼を得ることが重要です。

    公平なサービス提供
      - 外国人経営の施設であっても、日本人高齢者が公平にサービスを受けられるようにする規制やガイドラインを設けることが必要です。

    合わせて読みたい


    地域社会との連携
      - 外国人経営者と地域社会との連携を強化し、文化や言語の違いを乗り越えるための取り組みを促進することが求められます。

    制度の厳格な運用
      - 介護施設の運営に関する法律や規制を厳格に適用し、悪用を防ぐための監視体制を強化することが重要です。

    これらの対応策を通じて、外国人経営の介護施設が日本社会にとって有益な存在となるようにすることが期待されます。

    日本人も、難民されて、税金吸い取られているのです。

    (翻訳より)
    私は自分の国から日本の皆さんに例を挙げたいと思います。私はトルコ国民ですが、社会国家の名の下、あらゆるものに税金が課せられています(失業している場合は失業税を支払います。馬鹿げていると思いませんか?)。これらの税金のおかげで、たとえば、必要に応じて無料の医療など、国の支援がある場所からサービスを受けなければなりません。我が国は世界で最も多くの「難民」を抱えています。私たちは約400万人の難民を受け入れていると思いますが、これらの難民のほとんどは殺人犯、強姦犯、テロリストで、国境に不法に入国した人々です。これが、日本がトルコに対してビザ要件を課す必要がある理由です。なぜなら、我が国は理由もなくこれらの人々に「トルコ」市民権を与えているからです。したがって、問題を引き起こす多くの人々が「トルコ」市民であっても、実際にはトルコ人ではありません。これらの人々のほとんどは、後にトルコ市民権を取得した逃亡者/難民/殺人犯です。とにかく、例を続けましょう。最近、病院に行ったトルコ人が順番を待っていると、突然3列後ろに移された。なぜなら、「優先者」ステータスで病院に来た難民「エブベヒル」とその家族が彼より先にいたからだ。病院に行くトルコ国民は、徴収された税金で提供されるサービスを奪われている。ここから問題が始まり、トルコ人がこの一見不当な行為に反対の声を上げ始めると、「大量虐殺、悪い人々、愚かなトルコ人、彼らは私たちを殺している」などと言い始める。したがって、この状況(予防措置を取らなければ日本が直面する状況)では、トルコ人は何も得るものがなく、権利を奪われ、女性は外国人に嫌がらせを受け、国民は殺され、病院からサービスを受けることができず、これらの生き物に対して声を上げることができない。日本の友人たち、あなた方は同じようなことが起こることを望みますか?もし望むなら、今のように、あらゆる種類の外国人をあなたの国に迎え入れ続けてください。申し訳ありませんが、ノート翻訳ツールを使用しているため、テキストの見栄えが悪い場合があります。https://twitter.com/Osmanak11433825/status/1788199346074214556
    PR

    トルコのこの状況は、日本が将来直面するであろう問題を理解するための明確な例となる。我が国の議題に関するニュースの見出しを3つまたは4つ読んでください。私たちの国で毎日起こっていることは、他の国々が経験している悪よりもはるかに大きく、この状況は過去10年間で急速に増加しています。 「男性が路上で死亡」「イラクの学生がトルコ人の高校教師の頭を撃って釈放された」などのニュースがたくさんあります。実際、この情報には、簡単な Google 検索やトルコのニュースの見出しを読むことでアクセスできます。最初に何が起こったかを話しているだけです。実際、簡単な観察を行うだけで、将来経験する可能性のある状況がわかります。私の唯一の願い/願望は、意識を高めることです。私は宣伝をしたくないのです。日本国民として、トルコのニュースの見出しを読んだら、次のように思うでしょう。「トルコへのビザを申請しませんか?私たちは頭がおかしいのですか?」

    PR

    難民支援に関連して税金が使用されることは事実です。難民支援は、基本的な人道的配慮や国際的な法的義務に基づいて行われます。これは、難民が安全かつ人間らしく生活するための基本的なニーズを満たすために資金が必要とされることを意味します。
    PR

    しかし、多くの国民は、自国の税金が難民支援に使用されることに対して不満を抱いています。
    厚生労働省の国民生活基礎調査によると、日本の2021年の相対的貧困率は15.4%で、約6人に1人が相対的な貧困状態で、経済協力開発機構(OECD)が公表している各国の貧困率と比較すると先進国で最悪の数値となりました。また、2023年7月4日には子どもの相対的貧困率が11.5%と公表されています。
    一方で、国際的な義務や人道的な理由から、難民支援に資金を充てることが重要であるとする意見もあります。

    合わせて読みたい


    海外で話題になっている動画では、

    難民支援に関する議論は、多岐にわたります。税金の使途や政府の政策は、民意や社会のニーズに基づいて形成されるべきです。

    このページのトップヘ