世界の衝撃ニュース

国内・海外の面白い~様々な衝撃的ニュースや話題をまとめています。

    PR

    社会・政治・経済・軍事




    4 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/01/12(火) 09:37:58.348

    何歳なの?


    【携帯ショップの店員を11年やっていた方に質問】の続きを読む


    「泥棒を捕まえた」 イラン・メディア


    NO.9158829 2021/01/07 19:23
    「泥棒を捕まえた」 イラン・メディア、韓国タンカー拿捕
    「泥棒を捕まえた」 イラン・メディア、韓国タンカー拿捕
    イランのイスラム強硬派系の各メディアが、韓国船籍のタンカー「韓国ケミ」の拿捕(だほ)について「泥棒を捕まえた」などの表現を用いて毒舌を振るった。

    米国の経済制裁に従って、韓国の銀行がイランの口座にある70億-80億ドルの石油輸出代金を凍結したまま支払っていないため、これに対する正当な対応だと主張しているのだ。

    イランの半官営メディア、タスニム通信は5日(現地時間)、イラン革命防衛隊が「韓国ケミ」を拿捕し、先導する様子を撮影した写真を1面トップに掲載した。

    タスニム通信のペルシャ語報道を英語に翻訳したアラブ圏メディアの記事によると、タスニム通信は「韓国ケミ」の写真と共に「資金泥棒に対する正当な対応」と題する記事で「韓国に凍結されたイランの資金は80億ドルと推定され、(今回の拿捕が)この資金を取り戻すきっかけになり得る」と書いた。

    タスニム通信はイラン革命防衛隊の支援を受けるメディアとして知られている。

    ペルシャ語で発行されているイランの日刊紙「バタネ・エムルズ」も同日、「韓国ケミ」の写真を1面に掲載し「我々は泥棒を捕まえた」と報じた。

    同紙はイスラム強硬派に追従しているといわれるメディアだ。

    同紙は「韓国の大統領の政治的未来は、タンカー拿捕事件とイラン封じ込めをどう処理するかに掛かっている」と主張した。



    【日時】2021年01月07日
    【ソース】朝鮮日報


    【タンカー拿捕について「泥棒を捕まえた」と イラン・メディア】の続きを読む


    入院待機者の悲痛な声「コロナで…呼吸は苦しいし…」


    NO.9167813 2021/01/11 10:55
    入院待機者の悲痛な声「コロナで死ぬか餓死するか」
    入院待機者の悲痛な声「コロナで死ぬか餓死するか」
    東京都で10日、日曜としては最多となる1494人の感染が確認されました。

    感染急増が止まらない中、入院できず自宅待機を余儀なくされている30代の女性から悲痛なメッセージが届きました。

    入院待機中の女性:「今の体温は36度4分です。今の症状は、胸の痛みと胸が苦しいです」

    今月3日に陽性が確認された女性はシングルマザーで、3人の小学生の子どもも全員陽性。

    保健所は当初「一緒に入院できる」と言っていましたが、5日に「(無症状の)子どもは入院できない」「お母さんも必ず入院できるわけではない」と言われたため、現在3人の子どもは元夫が面倒を見ているといいます。

    SNSで窮状を訴えている女性。

    「呼吸は苦しいし、胸だか肺は痛いし、子供達ともいられないし、夜になると涙が止まらなくなる」

    陽性判明から1週間、食料が入っていた引き出しは空っぽに‥

    今は昆布と飴、飲むゼリーを数回に分けて食べ、水に砂糖を入れて砂糖水にして飲んでいるといいます。

    入院待機中の女性「食事はあるものでしのいでいますが、コロナで死ぬか餓死で死ぬかと思っています」

    何度も意識がもうろうとなり、体をぶつけて打ち身や切り傷も負ってしまいました。

    「入院待機中でも入院が長引くなら医師に症状を見てもらいたい。立つのもやっとで食べ物の心配をするのがつらい。自宅療養や入院待機者にも物資の支援を早急にお願いしたい」

    都内では急激な感染拡大で入院先の調整が難航し、この女性のように自宅待機を余儀なくされる人が急増しています。

    都内で入院やホテル療養などを「調整中」だという感染者は10日時点で6930人。..

    【日時】2021年01月10日 23:30
    【ソース】テレ朝news


    【入院待機者の悲痛な声「コロナで…呼吸は苦しいし…」】の続きを読む


    日本がシャインマスカットの海外品種登録を怠った結果…


    NO.9168488 2021/01/11 16:04
    日本が産んだシャインマスカット 韓国に奪われ世界各国で販売される
    日本が産んだシャインマスカット 韓国に奪われ世界各国で販売される
    日本の農林水産省が30年の年月を掛けて開発した品種シャインマスカット。

    種も無く皮ごと食べれるだけでなく、酸っぱさもなく非常に甘いというのが特徴。

    そんなシャインマスカットは1988年に開発され2006年に品種登録された。

    しかし日本はシャインマスカットの海外品種登録を怠り、登録期限の2012年を過ぎてしまった。

    海外で果物品種を登録するには国内で登録してから6年以内に登録をしなければいけないが、日本はその2012年を過ぎてしまったのだ。

    したがって、韓国からロイヤルティ(使用料)を徴収する権利を失った。

    そればかりか韓国は2006年に正式品種として登録されたシャインマスカットを韓国に持ち込んで活発に生産し、2014年から本格的に市場に流通させた。

    2020年からは韓国産のシャインマスカットが中国、ベトナム、香港、米国、ニュージーランドなど19カ国に輸出している。

    名前もそのままで「Korean Shine muscat」だ。

    しかも日本で売られているシャインマスカットの3分の1の値段だ。

    世界中の人はそんな事情を知らないため「韓国は非常に美味しいマスカットを作った」、「シャインマスカットを研究し作ったのは韓国だ」と思っている。

    何故2012年までに品種登録をしなかったのか? それは「当時は輸出を想定していなかった」というそれだけの理由だ。

    もちろん登録されていないので、各国が生産し販売するのは合法。

    そればかりか、日本に韓国産や中国産のシャインマスカットが輸入され販売されていることもある。

    今では韓国産だけで無く中国産シャインマスカットまで作られる始末だ。

    【日時】2021年01月11日
    【提供】ゴゴ通信
    【関連掲示板】


    【日本がシャインマスカットの海外品種登録を怠った結果…】の続きを読む


    未だ猛威を振るい続けるコロナウイルス。現在、ワクチンの開発などの明るいニュースも少し見られるようになってきましたが、またもや不安になってしまう知らせが届きました。ただでさえ厄介なコロナウイルスの更に変異種が日本国内で確認されたというのです。やはり関心が高い話題だけにネット上では既にさまざまな声が寄せられる事態となっています。

    変異種が各国で確認される

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    緊急事態宣言が出され、多くの国民が改めてコロナウイルスへの危機感を抱くようになったのではないでしょうか。東京では一日に2000人を超える感染者も確認されており、今後の更なる感染拡大が懸念されています。

    そんな中、更に心配になる知らせが報道されました。感染拡大が続くイギリスでこれまでのコロナウイルスとは異なる、変異種が確認されたのです。詳細についてはまだ調査中のようですが、従来型のものより感染力が強いのではと考えられています。

    ブラジルからの変異種が国内で確認される

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    そんな変異種のコロナウイルス日本国内でも確認されたのです。速報の知らせに驚いた方も多いのではないでしょうか。

    ブラジルから帰国した男女4名から、先述したイギリス南アフリカで拡大している変異種とは、また異なる種類の変異種が確認されたとのことです。まだ不明な部分が多くなっていますが、記事によると

    4人のうち40代の男性は到着時は無症状でしたが、その後、呼吸状態が悪化して入院しています。

    また、30代の女性は喉と頭の痛みを訴えていて、10代の男性も熱が出ているということ

    引用:テレ朝news

    上記によると、無症状も多く報告されている従来型のものと比較すると、強い症状が出やすいのではないかと懸念してしまいます。また、コロナウイルスタイプの広がりにも危機感を抱かざるを得ません。

    詳細に関しては調査の結果を待つしかありませんが、国民としては不安になってしまう知らせとなります。

    ネット上は阿鼻叫喚の事態に

    このブラジルからの変異種が日本国内で確認された事に、ネット上ではさまざまな声が寄せられています。

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    やはり変異種に対して「また一気に感染拡大が広がるのでは」「外出するのが怖い」といったように恐怖心を抱く人が多いようです。これまでの従来型と呼ばれるコロナウイルスだけでも大変な事態ですから、今後どうなってしまうのか、不安になる気持ちは十分に理解できます。

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    また、一方では「なぜ渡航禁止にしないのか」「国の対応が遅すぎる」など、政府の対応への批判の意見も多く見られます。

    非常に強い感染力で猛威を振るい続けるコロナウイルス。今後はこの変異種と呼ばれるものへの調べや対策も必要となってしまいそうです。

    source:テレ朝news



    画像が見られない場合はこちら
    ブラジルからも新たなコロナ変異種確認、ネット上は阿鼻叫喚の事態に


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【ブラジルからの異なる変異種が国内で確認される】の続きを読む

    このページのトップヘ