世界の衝撃ニュース

国内・海外の面白い~様々な衝撃的ニュースや話題をまとめています。

    社会・政治・経済


    【聖地はドイツにあった】マツダ・ミュージアム



    詳細画像はこちら

    マツダファンのメッカ

    textJames Disdale(ジェームズ・ディスデール)
    translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

    マツダ100周年を祝うなら、広島への旅行がちょうどいいのではないか。そう思われるかもしれないが、実はそうではない。広島には100年前からマツダの本拠地があったが、その歴史に浸るには、ドイツのアウクスブルクに行かなければならない。

    そこには、世界最大かつ最高のマツダのコレクションを誇るフレイミュージアムMazda Classic Automobile Museum Frey)がある。50台以上の実車が展示され、100台以上が倉庫に保管されている。そのすべてが走行可能というから驚きである。

    詳細画像はこちら
    マツダ・ルーチェ

    しかし、すべてはクルマではなく、コルクから始まった。1920年、松田重次郎が広島でコルクを製造する東洋コルク工業株式会社を設立。松田は1年ほどで工作機械の製造に進出し、やがて社名から「コルク」を外した。

    1930年には、初の自動車が登場し、マツダの名前が初めて使われた。マツダ・ゴーは三輪商用トラックで、基本的にはオートバイピックアップを組み合わせたものであった。

    フレイミュージアムには、1950年製の後期型のゴーが展示されているが、グループBラリーカーのRX-7レプリカとともに、めったに走らない2台の展示車のうちの1台となっている。その排気音のせいで、スロットルを開けた瞬間に近所の人たちが怒りの声を上げて議会に通報してしまうからだ。

    国内でのゴーの成功を受けて、マツダは1940年に2ドアの小型セダンの開発に着手した。しかし、日本は第二次世界大戦に突入したため、試作段階を通過することなく、工場は軍需工場となってしまった。マツダが次の自動車を発売するのは、20年後のことであった。

    1945年8月6日、広島はアメリカによる原爆投下の標的となる。同15日に終戦を迎えたものの、マツダの工場は大きな被害を受け、残った工場も仮設の病院として使われた。しかし、ゴーの生産は年末に再開され、1949年には初めて海外輸出が開始された。

    その後の15年間で、マツダは商用車メーカーとして成長し、1950年代末には約30種類のピックアップやバンを販売していた。そして1960年には、同社初の乗用車であるR360が登場した。軽自動車規格の2+2のクーペは瞬く間にヒットし、小型車クラスでは日本の最大手となった。


    ロータリーエンジンの登場

    R360のデビューから1年後、マツダドイツのNSU社からワンケル・ロータリーエンジンライセンスを取得。開発に数年を費やした後、1967年コスモスポーツの生産を開始した。ミュージアムの発起人であるウォルターフレイの、マツダへの情熱の火付け役となったクルマである。

    展示されている110S(コスモスポーツ)は、彼がコレクションのために購入した最初のクルマだ。1980年ニュージャージー州のディーラーから入手し、ドイツでフルレストアを受けた。

    詳細画像はこちら
    マツダRX-7

    1960年代、マツダファミリア800をはじめ、ベルトーネスタイルの大型セダンエステート、クーペのルーチェなど、主力車種を次々と投入していった。欧州を皮切りに、1970年には北米への輸出を開始した。

    ブランドの中心となったのは米国で、特にロータリーが人気を博した。1973年マツダはこのエンジンを搭載したクルマを25万台生産し、世界のメーカートップ10入りを果たした。

    しかし、この年は石油危機の年でもあり、その2年後には米国で触媒コンバーターの装着が義務化された。マツダは多額の借金をしなければならず、結局、1974年フォードが33%の株式を取得することに合意した。

    この提携により、マツダフォードの豊富な予算を活用し、フォードマツダの技術力を活用することができた。323や、最近では2、3など数多くのモデルが共同開発された。マツダ2015年フォードの株式を買い戻して独立したが、その後間もなくトヨタハイブリッドパワートレインの開発に重点を置いた提携を結んだ。

    マツダが独自の道を歩んだプロジェクトの1つにロードスターがある。米国人ジャーナリストのボブ・ホールと当時の山本健一社長が発案したこの軽量2シーターは、1989年に発売されて以来、その存在感を示し続けてきた。フレイミュージアムには、179台しか生産されなかった希少な2代目(NB)ベースのクーペをはじめ、多くのロードスターが展示されている。

    マツダは長年にわたって革新を続けてきたが、斬新な圧縮着火式ガソリンエンジンスカイアクティブX」をはじめ、最近ではプラグインハイブリッドの発電機としてロータリーを復活させるという話もある。

    しかし、マツダが将来どのようなモデルを作るにしても、フレイミュージアムには常に展示スペースがあるということだけは確かだ。


    ウォルター・フレイのコレクション

    ウォルターフレイのコレクションは、今から40年前の1980年に購入したコスモから始まった。アウグスブルクに最初のマツダディーラーオープンした3年後のことだ。

    長年にわたり、世界中から購入したもので少しずつコレクションを増やしてきたが、きちんと展示できるようになったのは2017年のことだった。フレイとその息子、ヨアヒムマルクスは、1897年に建てられた路面電車の車両基地を購入し、全面的に改装してマツダに関するあらゆるものを展示する場所とした。

    詳細画像はこちら
    マツダREPU

    現在は約50台のクルマが展示されているが、150台近くのコレクションの中から定期的に展示車両を変更しており、その数は今後も増え続けるだろう。しかし、恒久的に展示されているのは、ウォルターの情熱の始まりとなったコスモである。

    ここからはミュージアムに保管・展示されている車両を紹介する。

    1960年 マツダR360

    1960年に発売されたマツダ初の乗用車R360は、瞬く間に軽自動車市場の65%、日本国内の新車販売台数の15%を占めた。356ccの4ストロークエンジンを搭載し、4輪独立懸架式サスペンションを採用。6年間生産された。

    1969年 マツダ・ルーチェR130

    ジョルジェット・ジウジアーロがベルトーネ時代にスタイリングを担当したこのゴージャスなピラーレスクーペは、マツダで唯一の前輪駆動ロータリーであった。128psのツインローターエンジンと4速MTを搭載し、3年間で976台のみが生産された。

    1974年 マツダREPU

    働き者のピックアップトラックに高回転のロータリーエンジンはあまり似合わないが、それでもマツダが搭載を止めることはなかった。米国とカナダでのみ販売されたこのクルマはREPU(ロータリーエンジンピックアップ)と呼ばれ、4キャブレーターのツインローターで最高7000rpmの回転数を誇る。1974年から1977年にかけて約1万5000台が生産され、現在では米国のコレクターの間で珍重されている。


    マイクロバスにもロータリー?

    1975年式 マツダ・ロードペーサー

    ウォルターフレイのお気に入りのロードペーサーは、ホールデンのセダンベースとなっている。トヨタ・クラウンに対抗するため、マツダオーストラリア製の大型ボディに1.3Lのロータリーエンジンを搭載した。残念なことに、このモデルは遅かった上に価格が高かったため、わずか800台しか販売されず、2年後の1977年に生産が終了した。

    1976年 マツダ・パークウェイ・ロータリー26

    おそらく最も奇妙なロータリー搭載車はパークウェイだろう。RX-7のツインローターエンジンを発展させたものを搭載した26人乗りのマイクロバスで、最高出力137psを発揮。最高速120km/hに達した。燃費は恐ろしいものだっただろう。

    1977年 マツダRX-5

    詳細画像はこちら
    マツダパークウェイ

    マルクスフレイが英国で入手した、ロータリーエンジンを搭載したRX-5の欧州仕様という希少な1台。元オーナーからオンラインで購入した後、フレイは2週間の休暇を利用して英国に行き、その後ドイツに持ち帰った。このクルマは、彼のコレクションの中でも特にお気に入りの1台である。

    1977年 マツダ323

    ウォルターフレイディーラーを開いたときに発売された323は、マツダがついに欧州に進出する足がかりとなったクルマである。後輪駆動レイアウトで、ライバルとは一線を画していたが、広々としていて運転しやすく、信頼性も高かった。展示されているグリーンの車両は、広島からドイツに送られたショーカーの1つで、現社長をはじめ、多くの来場者のサインが入っている。

    1984年 マツダRX-7

    RX-7専用のコーナーがあり、3つのモデルがそれぞれ1台ずつ展示されている。初期のターボチャージャー搭載モデルは、運転ができなかったフェリックス・ヴァンケルに与えられたものだ。彼は自分の代わりに運転手を雇い、信号待ちで出会ったポルシェとの即興レースによく参加させていたという。


    マツダが起こしたイノベーション

    マツダロータリーエンジン以外にも、さまざまな革新的技術を開発・採用してきた。

    スカイアクティブX

    マツダが開発した圧縮着火式2.0L ガソリンエンジンは、ディーゼルガソリンの長所を併せ持っている。大手企業ではなく、小さなマツダが成し遂げたことに驚きを隠せない。

    四輪ステアリング

    詳細画像はこちら
    マツダRX-5

    1987年ホンダが最初に生産を開始したが、1988年に登場したマツダの626 4WSは、はるかに洗練されていた。油圧ラックを電子制御することで、運転席と後輪の間に物理的なリンクを持たせていない。

    アトキンソンサイクルエンジン

    トヨタ1997年プリウスで初めてアトキンソンサイクルエンジンを作ったと主張していたが、実際には1993年ユーノス800(クセドス9)が量産車としては初だった。スーパーチャージャーを使用し、技術的にはミラーサイクルエンジンであったが、基本原理は同じである。

    スーパーチャージャー付きディーゼル

    スーパーチャージャーを搭載したディーゼルエンジンは、当初はトラックに搭載されていたが、1988年カペラ乗用車にも採用された。プレッシャーウェーブ方式(PWS)を採用しているため、通常のブロワーよりもパワーロスが少ないが、2.0Lでは75psしか出なかった。


    水素ロータリーエンジンの開発

    i-Stop(アイ・ストップ)

    ほとんどのブランドがアイドリングストップ技術をサプライヤーから購入していたが、マツダは独自に開発した。エンジン停止時に、どのピストンパワーストロークに入っているかをセンサーで検知することで、他のエンジンよりもスムーズで効率的な再始動を可能にした。

    リサイクルバンパー

    マツダ1992年に初めてリサイクル素材をクルマに採用した。当初はアンダートレーなどの見えない部分にリサイクル素材を使用していたが、2011年には、再生プラスチックバンパーを大幅に推進した。

    水素ロータリーエンジン

    詳細画像はこちら
    水素ロータリーを搭載したRX-8の試作車

    マツダは水素を燃料とするロータリーエンジンも開発している。燃焼室と吸気室が分離されていたため、揮発性燃料を使用するにあたり変更は必要なかった。限定的に販売されたが、水素ステーションの不足により普及はしなかった。

    スカイアクティブエンジン

    初代CX-5に搭載されたエンジンは、スカイアクティブGとスカイアクティブDの2種類。14:1の圧縮比(ガソリンでは最高、ディーゼルでは最低)を実現し、同じラインで製造できるため、使用効率と生産効率が向上した。

    外国人社長

    マツダ1996年ヘンリー・ウォレスを起用し、日本の自動車メーカーとしては初めて外国人が社長に就任した。元フォードのウォレスは、雇用を失うことなく収益性を向上させ、人気を博した。スコットランド語訛りの日本語を使ったテレビ広告でも知られていた。

    サットナビ

    サットナビを最初に搭載したのはマツダだ。1990年に日本で発売されたユーノス・コスモオプション設定され、カラースクリーンと衛星リンクのおかげで初めてリアルタイム測位が可能になった。


    モータースポーツの栄冠

    1991年 ル・マン24時間

    1991年マツダは日本企業として初めてル・マン24時間レースで優勝した。トリプルローターの787Bジョニー・ハーバート、ベルトラン・ガショーフォルカー・ヴァイドラー)は、ジャガーメルセデス・ベンツプジョーを抑えて栄冠に輝いた。

    1981年 スパ・フランコルシャン24時間

    マツダ24時レースで初めて成功を収めたのは、ル・マン優勝より10年早いスパだった。地元のエースピエール・デュドネがTWRを搭載したRX-7を駆り、2位に2周の差をつけて優勝したのだ。

    1968年 マラソン・デ・ラ・ルート84時間

    詳細画像はこちら
    マツダ787B

    初の国際レースとなったニュルブルクリンクの84時間レースマツダは2台のコスモスポーツを走らせた。1台はゴール直前でクラッシュしたが、もう1台はポルシェ911ランチア・フルビアに次いでフィニッシュ。総合4位に輝いた。

    1980~1981年 BSCC

    1980年1981年にBTCC(英ツーリングカー選手権)の前身であるBSCC(英サルーンカー選手権)で、ウィンパーシーはTWR仕様のRX-7を使用して連覇を達成した。2年間のキャンペーンで22レース、19回のクラス優勝を収めた。

    1991年 IMSA GTOシリーズ

    マツダ1970年代から米国のスポーツカーレースを牽引してきたが、最大の成功は1991年のIMSA GTOシリーズでのタイトル獲得である。4ローターのスペースフレームRX-7を使用し、エースであるピート・ハルスマーとプライス・コブの活躍でクラス5勝を挙げた。

    アンドロス・トロフィー2015

    1990年に始まったフランスアイスレースシリーズは、アラン・プロストやイヴァン・ミュラーなどのスター選手を集めて人気を博している。2014/15年シーズンで、3.0L V6、四輪駆動、四輪ステアリングを搭載するマツダ3に乗ったジャンフィリップ・デローがタイトルを獲得した。

    インディ・プロ2000

    1983年から開催されているマツダのワンメイクシリーズは、グラハム・レイホールマルコアンドレッティ、ジェームズ・ヒンチクリフスコットスピードなど、多くのインディカースター選手が活躍するきっかけとなった。エンジン2018年に4ポットが登場するまでロータリーが使われていた。

    1975年 バサースト1000

    マツダは、これまでにも多くのジャイアント・キラー(番狂わせ)をコース上で披露してきたが、オーストラリアで開催された1975年のバサースト1000はそのハイライトとなった。ドン・ホーランドと鮒子田寛はRX-3で総合5位に輝き、V8エンジンを搭載したホールデンのみがロータリーを上回った。

    IMSAシリーズ

    RT24-Pでトップを走り続けるマツダ。IMSAシリーズトップクラスのために作られたこのマシンは、3勝を挙げて2019年ベストシーズンを迎えた。マツダは今年もタイトル争いに参加しているが、2021年は規模を縮小し、1台に絞られる。

    1985~1991年 WRC

    マツダ1985年から1991年までラリーの常連だった。初めはグループBRX-7スタートしたが、グループA323 4WDの方が成功していた。1987年にはティモ・サロネンがスウェーデンで優勝し、1989年にはインバー・カールソンがニュージーランドで優勝している。


    マツダの記事
    【聖地はドイツにあった】マツダ・ミュージアム 世界最大級の展示内容 100年の歴史に浸る
    【717C、787BからAZ-1まで】マツダ100周年 英国編集部 お気に入りモデル9台 後編
    【コスモスポーツからRX-7まで】マツダ100周年 英国編集部 お気に入りモデル9台 前編
    【ジウジアーロでFFのロータリー】976台のマツダ・ルーチェ・ロータリークーペ R130 後編

    【聖地はドイツにあった】マツダ・ミュージアム 世界最大級の展示内容 100年の歴史に浸る


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【マツダファン〝聖地はドイツに〟マツダ・ミュージアム】の続きを読む


    機体にカンガルーを描いたF-35Aです!

    オーストラリア空軍は2020年12月28日(月)、導入を進めている最新鋭のステルス戦闘機F-35AライトニングII」について、初期作戦能力を獲得したと発表しました。「初期作戦能力」とは、実戦運用に必要な最低限のレベルに到達したことを指すものです。

    オーストラリア空軍に初めてF-35Aが引き渡されたのは2014(平成26)年12月のことで、当初はアメリカ本土でパイロットの飛行訓練などに用いられていたものの、2018年12月以降、オーストラリア本国の基地へ配備が始まり、2020年12月現在、2個飛行隊で運用されています。

    オーストラリアF-35Aを72機調達する計画で、同機の充足によって旧式化したF/A-18AおよびF/A-18B戦闘機は退役する予定です。

    オーストラリア南東部ニューサウスウェールズ州にあるウィリアムタウン空軍基地に配備された第3飛行隊のF-35A戦闘機(画像:オーストラリア空軍)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    F-35 (戦闘機) (ライトニング2からのリダイレクト)
    F-35 ライトニング II アメリカ空軍のF-35A 用途:戦闘機 分類: A・B型:多用途戦闘機 C型:艦上戦闘機、多用途戦闘機 製造者:ロッキード・マーティン社 運用者 アメリカ合衆国(空軍、海軍、海兵隊) イギリス(王立空軍、王立海軍) イタリア(空軍、海軍)  ノルウェー(空軍) イスラエル(航空宇宙軍)
    208キロバイト (29,684 語) - 2021年1月5日 (火) 16:48


    【オーストラリア空軍 ステルス戦闘機の本格運用スタート】の続きを読む


    新型コロナウイルス対策として、国境警備を強化している北朝鮮。そのために、数千人単位の兵力を投入しているが、その人員の脱北事件が相次いている。

    両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋は、金正淑郡に駐屯している第7軍団の分隊長が、夜間勤務中に小銃を持ったまま逃走を図り、国境を越えて中国に逃げ込んだと伝えた。

    この件について韓国の朝鮮日報は、12月23日夜に郡内の上台里(サンデリ)で、勤務中だった24歳のペクという兵士が、5.45ミリ小銃1挺と、銃弾60発を持ったまま、国境の川を越えたと報じた。

    この分隊長は、上官からに露骨なワイロの要求に苦しめられていたという。中隊の政治指導員は、中国人民元500元(約7900円)と、中国の長白山ブランドタバコ1カートンを要求していた。

    しかし要求に応じられなかったため、政治指導員は「私の与える任務は党が与える任務と同じだ」、「これでは(労働党への)入党は難しい」、「平和な時期にちょっとした任務も遂行できない軍人が、有事の際に党と首領のために命を捧げられるのか」などといびり続けていた。

    これについて情報筋は、三重、四重の国境封鎖でカネ稼ぎ(密輸)が難しい状況なのに、入党をエサにワイロを要求していたとして、分隊長の脱北の原因は政治指導員にあると批判した。

    北朝鮮は、特殊部隊の防風軍団や、咸鏡南道(ハムギョンナムド)咸興(ハムン)に駐屯する第7軍団の兵力を国境警備に投入している。本来、国境の警備を担当しているのは国境警備隊だが、地元社会と癒着し、密輸や脱北を幇助したり、国境警備隊そのものが密輸を主導したりする状況だった。

    ところが、暴風軍団や第7軍団は窃盗事件を起こすなど素行が悪い上に、暴風軍団の兵士が自分をいじめていた上官を殺害後に逃走する事件が起きたことで、地域全体に封鎖令(ロックダウン)が下されるなど、不協和音が生じている。

    また、国の命令とは言え、国境警備隊としては自分たちの「縄張り」によそ者が大挙やってきて大きい顔をしている状況が面白いわけがなく、以前からトラブルが相次いでいる。

    一方、朝鮮日報は別の脱北事件も報じている。両江道安全局(県警本部に相当)で軍犬隊長を務めるキム大尉が、12月24日の夜中に妻、娘、母の一家4人で脱北したと報じた。母と娘は中国公安当局に逮捕されてしまったが、キム大尉と妻は逃げおおせた模様だ。

    北朝鮮国境地帯の兵士たち(デイリーNK)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【国境を越えて中国に 脱北相次ぐ北朝鮮 】の続きを読む


    アリババの創設者・会長ジャック・マー氏が行方不明に。


    NO.9152529 2021/01/05 13:15
    アリババ会長ジャック・マー氏、2か月以上行方不明 中国
    アリババ会長ジャック・マー氏、2か月以上行方不明 中国
    アリババの創設者・会長ジャック・マー氏が行方不明に。

    2020年10月24日に上海で習近平らを「老人クラブ」と批判したのが最後だという。

    中国ではジャック・マー氏がセントクリストファー・ネイビスのパスポートを使って逃亡したとの噂が拡散。

    やばくなって逃亡中なのか、それとも抹殺されてしまったのか。

    ここまでの大物でも簡単に行方不明になる中国。

    国にとって重要な企業でもメンツを潰されたら全力で抹殺。

    すべては共産党の気分次第のようだ。

    【日時】2021年01月05日 13:00
    【提供】激裏情報
    【関連掲示板】


    【アリババの創設者 会長ジャック・マー氏が行方不明に】の続きを読む


    教師に疑われたばかりに…(中国)


    NO.9152716 2021/01/05 14:56
    女子中学生がテストで100点満点を取る → 先生「カンニングしただろ → 自殺 中国
    女子中学生がテストで100点満点を取る → 先生「カンニングしただろ → 自殺 中国
    猛勉強した結果、テストで100点満点を取った女子中学生が、教師にカンニングを疑われるというニュースが舞い込んだ。

    中国安徽省に住んでいた13歳の少女はテストで100点満点を取ったところ、教師から不正行為を疑われた。

    教師は不正行為をしたため少女に再試験をしろと命じた。

    少女はテストは100点を取っただけでなく学年トップにもなったが教師に疑われたばかりに全ての試験が無効となり再試験をせざるを得なくなった。

    少女は双子で、妹も成績優秀。

    しかし再試験を受けた直後の元旦の18時頃、家から数百メートル離れた池で少女は遺体になって発見された。

    そう、教師からカンニングを疑われたことにより、周りの生徒からも不正行為をしたと言われ続け、精神が病んでしまい自殺したのだ。

    成績優秀な双子姉妹は、姉と妹で全校成績1位、2位を取るほど。

    そんな姉妹に対してカンニングをしたとして疑った教師。

    教師は具体的にどう疑ったのか? 

    教師は試験の結果を見ると親に電話をかけ「流出した試験内容を事前に知った姉妹がそれを見て試験を受けたのだろう」と親に対して追及。

    妹も同テストで92点を取っていた。

    結局2人は再試験を受け入れ、全く一緒ではなく同じ科目の似たようなテストで再試験したところ双子姉妹は揃って98点を取った。

    しかしこのとき既に姉妹が不正行為をしていたという噂が広まり、「不正双子」として陰口を言われ更にいじめの対象になっていた。

    これを受けて最初の試験で100点を取った姉は元旦に自殺してしまったのだ。

    娘の突然の死に両親は激怒し、学校と教師側は「残念だったですね」と言うだけで責任を逃れた。

    議論が大きくなると、地元の教育庁や警察が捜査を行い、事件の捜査を開始した。

    【日時】2021年01月05日 14:11
    【提供】ゴゴ通信
    【関連掲示板】


    【カンニングを教師に疑われたばかりに女子中学生が自殺 (中国)】の続きを読む

    このページのトップヘ