世界の衝撃ニュース

国内・海外の面白い~様々なニュースや話題をまとめています。 『あなたに「このニュースを見て本当によかった」と言わせてみせましょう』と言ってみたい。

    科学


    一部が猿で一部が人間。サルとヒトを融合したキメラ胚を生み出し、19日間成長させることに成功



    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

    b650x400l (3)

     臓器移植などの医療に役立てるため、人間と動物のキメラを作成する試みが行われている。たとえば過去にはブタヒツジに人間の幹細胞を混ぜたキメラ胚が作られた。

     だが、そうしたキメラ胚はあまり長く生きられない。アメリカ、ソーク研究所のファンカルロス・イスピスア・ベルモンテ教授によれば、そうした動物が進化的に人間とそれほど近くはないからだという。

     だが、自然界を見渡せばもっと人間に近い存在がいる。霊長類だ。

     『Cell』(4月15日付)に掲載された研究によれば、今回サルの胚に人間の幹細胞を注入し、それを19日間成長させることに成功したそうだ。

    【ペトリ皿でサルの着床前の胚にヒト幹細胞を注入】

     サル・ヒト胚を作成するための最初の手順は、カニクイザル(オナガザル科マカク属)のメスから「卵母細胞」(卵子に変化する細胞)を採取することだ。それを培養して成熟させたら、そこにオスの精子を注入する。

     受精から6日後、分裂した細胞は、着床前の胚「胚盤胞」となり中が空洞の球のような形になる。胚盤胞は自然な妊娠であれば、子宮に着床して完全な胚へと成長するものだ。

    b650x400l

    サル・ヒトの胚盤胞

     だがこの実験では胚盤胞をペトリ皿に移し、レーザーで「透明帯」というコーティングを取り除く。これはペトリ皿に着床させるための処理だ。さらに胚をひたす溶液にも手をくわえるなど、いくつか処置をほどこす。

     そして、25個のヒト幹細胞を注入。こうして出来上がるのが「EPS細胞(拡張多能性幹細胞)」だ。これは胚組織にも胚体外組織(胎盤やへその緒など、胚の発達を助ける組織)にも分化することができる。

    サル・ヒトのキメラ胚を19日生存させることに成功

     移植から1日後、ペトリ皿で着床したのは132個の胚のうち111個だったという。そのうち103個は受精から10日生存。しかし15~19日間生存できたのは3つだけだった。

     また9日目の時点で、ヒト細胞が維持されていたのは生存した細胞のうちの半分。13日目では3分の1だったという。

     だが、それらのヒト細胞は、「内部細胞塊」(胚盤胞の中で、胚などに成長する部分)と融合していた。生き残ったヒト細胞の数は、これまでの研究を大きく上回っているそうだ。

    b650x400l (1)

    photo by Pixabay

    細胞の異種間コミュニケーションを担う遺伝子

     この研究では、生存したヒト細胞の数だけでなく、スイッチが入った遺伝子や作り出されたタンパク質も確認されている。

     その結果、通常の受精プロセスによる胚とは違う遺伝子が発現し、異なるタンパク質が作られていることが明らかになったという。

     研究グループの仮説によると、そうした遺伝子とタンパク質の中には、サルの細胞とヒトの細胞とのコミュニケーションに関係しているものがあり、人間と動物のキメラ胚を長期間生存させるための鍵を握っている可能性がある。

     そのコミュニケーション経路を解明できれば、ブタなどを使ったヒトキメラ胚でも生存率を高められるかもしれないとのことだ。

    b650x400l (2)

    photo by iStock

    それは禁断の研究か?

     こうしたヒトと動物を混ぜ合わせたキメラ胚の研究は、禁断の領域に踏み込んでしまったかのような印象を与える。

     確かに正しく利用することができれば、新しい治療を研究するモデルとして利用できたり、あるいは動物の体内で人間の移植用臓器を育てたりと、医療の発達に貢献することができる。

     しかし、もしヒト幹細胞が注入されたために、人間並の認知能力を宿したブタやサルが誕生してしまったら? それが社会に与える衝撃は大きなものになるだろう。


    References:Researchers generate human-monkey chimeric embryos | EurekAlert! Science News/ written by hiroching / edited by parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    サイエンス&テクノロジーの記事をもっと見る

    スーパーバグキラー。薬物耐性菌を破壊するナノコーティング素材が開発される - カラパイア

    あの犬型ロボット「スポット」がフランスで軍事訓練を開始 - カラパイア

    常に見られていることを意識したい。そんなあなたのための人の目型WEBカメラ(眉毛付き) - カラパイア

    この世に存在しない猫を次々と自動生成できるAIが登場! - カラパイア

    人類の記事をもっと見る

    直感に頼る人ほど、自分を過大評価してしまうダニング=クルーガー効果の罠にはまってしまうという研究結果 - カラパイア

    女性の半数近くが「ハゲた男性をセクシーと感じる」と回答(アメリカとイギリスの合同調査) - カラパイア

    うつ病や双極性障害の発症リスクを血液検査で診断できるバイオマーカーが開発される - カラパイア

    もしあの有名人が今も存命だったら?AIで現在の姿を再現してみた - カラパイア

    一部が猿で一部が人間。サルとヒトを融合したキメラ胚を生み出し、19日間成長させることに成功


    (出典 news.nicovideo.jp)






    「赤い惑星の青い砂丘」画像をNASAが公開、火星探査機が北極付近で発見 


    NO.9392301 2021/04/12 17:32
    「赤い惑星の青い砂丘」画像をNASAが公開、火星探査機が北極付近で発見

    なんともロマンチックな名前の火星の画像をNASAが公開しました。
    ここに映っているのはいったいどのような風景なのでしょうか。詳細は以下から。
    NASAがこの度公開したのは、火星探査機が撮影した「赤い惑星の青い砂丘(Blue Dunes on the Red Planet)」という画像。青い海の上を金色のさざ波が渡っているような、なんとも幻想的な風景です。

    この砂漠の光景は火星の北極付近のもので、テキサス州ほどの広さということから日本の2倍程度の大きさ。
    もちろん火星に青い海は存在せず、この色はNASAが温度別に着色したもの。青い部分は低温で、金色の砂丘の部分は太陽に照らされて比較的高温になっています。
    この画像は2001年に打ち上げられた火星探査機「2001マーズ・オデッセイ」の20周年を記念したもので、画像はおよそ30kmの広さを写しています。


    【日時】2021年04月12日 17:00
    【提供】Buzzap!
    【関連掲示板】


    アメリカ航空宇宙局 (NASAからのリダイレクト)
    アメリカ航空宇宙局(アメリカこうくううちゅうきょく、英語: National Aeronautics and Space Administration, NASA)、或いは米国国家航空宇宙局(べいこくこっかこうくううちゅうきょく)は、アメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関である。1958年7月29日、国家航空宇宙法
    44キロバイト (6,119 語) - 2021年3月12日 (金) 02:15








    電脳化技術:サルにチップを埋め込み脳内でテレビゲーム
    サルにチップを埋め込み脳内でテレビゲーム/iStock


     スペースXテスラニューラリンクを擁し、世界一の富豪の座についたイーロン・マスク氏。彼はSFの世界を次々と現実のものにしようとしている。

     彼は今、次なる電脳化計画を目論んでいる。サルの脳にチップを埋め込みサイボーグモンキーを生み出し、頭の中でテレビゲームプレイさせる実験を開始したのだ。年内には人間を対象とした実験も行われる予定だという。

    ―あわせて読みたい―

    続報:あのロボット科学者が世界初の完全サイボーグ化手術に成功、ピーター2.0がオンラインに
    ついに公開。電脳化デバイス「Neuralink」の詳細がブタを使った実演で明らかに
    また別の電脳化技術が! 脳にチップを入れ視力を回復させるバイオニック・アイ(オーストラリア研究)
    ヨーロッパ人のほぼ3分の2が、サイボーグの体になっても良いと考えている(アンケート調査)
    電脳化:人間の脳をコンピューターに接続する新たな方法、頭蓋骨に穴を開ける代わりに血管を経由させる

    サルの脳にコンピューターチップを移植

     先日、招待制の音声チャットアプリClubhouse」を使ったマスク氏へのインタビューで、ニューラリンク社(Neuralink)がサルの頭蓋骨にコンピューターチップを移植したことが明かされた。

     これによってサルが頭の中だけで卓球のような「ポン」というゲームを遊べるようにするのだという。

     埋め込まれたワイヤー内蔵のチップは、サルを傷つけることはなく、どこに移植されたかサルにもわからないほどだという。

    Stem-UPGRADE
    image credit:OTL Releasing


    年内に希望者による人体治験が行われる可能性も


     マスク氏がサンフランシスコで設立したニューラリンク社では、現在100名ほどの社員が精力的にコンピューター・脳インターフェースの開発に取り組んでいる。

     同社の短期的な目標は、脳や脊髄の損傷を回復させること。昨年にはチップを脳に移植されたブタを使って、その手足の動きがモニタリングされる様子が公開された。 


     そして先日、マスク氏のTwitterアカウントでこんなやりとりがあった。

     20年前の交通事故で肩が麻痺しているというユーザーが、ニューラリンクの実験にぜひとも参加したい旨をマスク氏のTwitterに書き込んだのだ。

     するとマスク氏本人から、今年の後半にも人体での初期治験をはじめられるかもしれないと返事があった。



     今、それを実現すべく、ニューラリンク社はアメリカ食品医薬品局(FDA)と緊密な連絡を取り合っているとのことだ。

    電脳化、脳インプラント
    iStock


    人間とAIの共生


     マスク氏は「思考のテレパシー」についても言及している。それは一連の複雑な概念を心だけで他人に伝える技術で、「コミュニケーションの質とスピードを大幅に改善」するものであるそうだ。

     ニューラリンク社の長期的な目標は、人間とAIの共生であるという。そして、これについては人類という「種のレベルで重要なものになる」と述べている。

     なおニューラリンク社は一緒に働く仲間を募集しているそうなので、マスク氏の思い描く未来の技術に興味のある人はチャレンジしてみてはどうだろうか?

    References:cnbc / unilad/ written by hiroching / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    https://karapaia.com/archives/52298968.html
     

    こちらもオススメ!

    ―サイエンス&テクノロジーについての記事―

    犬型ロボット「スポット」が新たなスキルを習得!洗濯物も拾い集めてくれるし縄跳びもできるようになったよ!
    ほうれん草がEメールで危険を知らせてくれる!植物を利用したコミュニケーション技術
    昏睡状態にある患者の意識を超音波で復活させる技術に再現性を確認。新たに2人の患者が意識を取り戻す。
    平均寿命105歳の未来はもうすぐ? AIによる寿命革命で老化を防ぐ
    人間の感情を読みとって反応する、高性能AIが搭載された犬型ロボットが登場

    ―知るの紹介記事―

    人形の中に人形の中に人形...マトリョーシカ人形の世界ギネス記録
    人類史上最速記録を持つ物体はマンホールの蓋!核実験で宇宙へと飛ばされる
    古代マヤの巨大な仮面が発見される(メキシコ)
    「チャイルド・プレイ」のチャッキーが子供を誘拐して逃走中!?テキサス州が画像付きで警戒警報を誤送信(アメリカ)
    全ての施設が徒歩5分圏内にある100%クリーンエネルギーの近未来的都市計画(サウジアラビア)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『サルの脳にチップを埋め込み頭の中でゲームをプレイさせる』実験を開始 人体実験も予定(イーロン・マスク)】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2021/02/04(木) 09:23:42.00

    東京大学は2月2日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のモデル動物を用いた研究で、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のウイルス量にかかわらず、感染後数日で広範囲にわたって、鼻の奥にある匂いを感知する部位である「嗅上皮」が脱落することを明らかにしたと発表した。また、大部分の嗅上皮は感染後21日で正常厚になることも見出したが、正常厚に戻らない場合があることも発表された。

    同成果は、東大医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科の浦田真次届出研究員(米・テキサス大学医学部ガルベストン校 耳鼻咽喉科 博士研究員兼任)、同・岸本めぐみ届出研究員(テキサス大医学部ガルベストン校 病理学 リサーチアソシエイト兼任)、東大大学院 院医学系研究科 外科学専攻 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学の山岨達也教授(東大医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 科長兼任)、テキサス大医学部ガルベストン校病理学のPaessler Slobodan教授、同ガルベストン校 耳鼻咽喉科の牧嶋知子准教授らの国際共同研究チームによるもの。詳細は、神経科学を扱った学術誌「ACS chemical neuroscience」にオンライン掲載された。

    新型コロナウイルス感染症の初期症状のひとつとして、嗅覚障害は早い段階から知られていた。しかし、今ではそれが長引くこと(慢性症状)や合併症が出ることも報告されている。最近の研究によれば、発症後約2か月が経過してPCR検査で陰性となった人のうち、18~45%において何らかの嗅覚障害が残存していることが明らかになったという。

    そもそもヒトが匂いを感じる仕組みは、鼻の奥にある嗅上皮の「嗅神経細胞」にある。同細胞には、匂い物質を受け取るタンパク質である「嗅覚受容体」が存在しており、そこに匂い物質が結合すると、嗅神経細胞を介して脳に信号が伝わるのである。嗅覚はほかの五感と比べてやや特殊で、脳への刺激がダイレクトと表現していい一面がある。そのため、ヒトは匂いを感じると同時に、ほかの五感以上に記憶や情動などの脳機能にも影響するのである。

    嗅上皮は外界と接していることから(空気に触れていることから)、それだけウイルスに感染するといった障害を受ける確率も高い。そこで常にアポトーシス(プログラムされた細胞死)と再生を繰り返しながら、その機能を維持する仕組みを有している。

    これまでの研究から、一般的なウイルス感染によって傷害を受けた場合、嗅上皮は一度剥がれ落ちて薄くなるが、再生することで正常な厚さを取り戻すことが知られていた。しかし重度な傷害を受けた場合はその限りではなく、嗅上皮に障害が残ってしまうことがあることもわかっている。

    新型コロナウイルスに感染した場合も同様で、嗅上皮が脱落することは確認済みだ。しかし、これまで嗅上皮の厚さが正常化するのかどうかまでは不明だった。嗅覚障害が完治するのか、また嗅覚障害以外の合併症を引き起こし得るのかなどもわかっておらず、それらを明らかにすることも喫緊の課題となっている。

    .こうした課題を明らかにするには、動物モデルが重要だ。新型コロナウイルスはヒト以外の動物にも種を超えて感染することが確認されており、一見すると動物モデルを作りやすく見える。しかし、実験動物として一般的なマウスでは、ウイルス感染への抵抗性があり、野性型マウスに至っては感染しないことが明らかとなっている。

    そこで現在では、新型コロナウイルスが細胞の表面に存在する受容体タンパク質「ACE2」を介して感染する(細胞内に侵入する)ことから、ACE2遺伝子を改変した動物を用いての研究が行われている。しかし、それらの遺伝子改変モデルマウスでは新型コロナウイルスに感染して数日後に死に至ってしまうという問題があった。そのため、ヒトの臨床症状との相同性がより高い「COVID-19モデル動物」の確立が求められていたのである。

    それを受けて国際共同研究チームは今回、ハムスターを用いた新型コロナウイルス感染症と酷似したCOVID-19動物モデルの確立に成功。なお、このモデルのハムスターたちは感染しても発熱症状などは見られないという。

    同モデルを用いて、さまざまなウイルス量での感染実験が実施された。するとウイルス量にかかわらず、感染が成立して早い段階で嗅上皮が脱落することが判明。また嗅上皮の大部分は感染後21日で正常厚に戻ったが、一部の嗅上皮では傷害が残っていることも確認された。さらに感染後の嗅上皮は、部位によって障害の程度や再生速度が異なっていることも明らかになったという。

    以下ソース先で

    2021/02/03 19:29
    https://news.mynavi.jp/article/20210203-1689676/

    (出典 news.mynavi.jp)





    80 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:49:20.90

    >>1
    うちの周りの野良猫なんか、どんだけ忌避剤撒いてもビクともしない奴が何匹かいる
    あれは猫コロナで嗅覚やられて治らないんだと思う
    そのうち変異して*から人間に感染するのも時間の問題だとみてる


    3 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:24:40.60

    飯食べても一生味がわからないって辛いな


    11 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:28:49.08

    >>3
    嗅覚だけだったら風味はわからないけど味はわかる


    23 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:33:12.21

    >>11
    甘いか辛いかは何となく分かるがそれ以外は全く分からんよ。


    25 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:33:50.67

    >>11
    鼻詰まんで食事してみな


    34 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:36:23.22

    >>25
    いや、嗅覚ほぼゼロなんだが…味もしないって人は味覚もやられてるんじゃないのか


    78 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:48:09.95

    >>3
    傷んでてもわからないの辛い
    育児中だと赤ちゃんの便のにおいで異変に気づく。とかも出来なくなる


    6 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:25:15.39

    ハムスターかわいそう


    12 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:29:31.96

    この後遺症が怖いんだよ


    22 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:32:44.11

    >>12
    だよな
    *のは怖くないけど後遺症で一生苦しむのは勘弁な


    14 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:30:14.26

    大部分では元に戻ってるじゃん


    21 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:32:39.35

    >>14
    俺も思った
    観察時間を長くしたら治るかもね

    マウスの寿命でそこまで観察できねーのかな?


    27 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:34:21.71

    この手の後遺症の話って、論文数を稼ぎたいだけなんじゃないかと勘ぐってしまう


    33 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:36:12.46

    >>27
    人間不信な奴多いよな


    35 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:36:29.52

    >>27
    今のコロナの論文なんかみんなそうじゃね


    37 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:37:20.78

    感染した芸能人は食レポできなくなるな


    98 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:54:57.92

    >>37
    どのみち芸能人の食レポとか「美味い」と「美味しい」しか言わねーから
    何がどう美味いのか見てる方にはサッパリ分からん
    食レポしてる場面を意識して見ると、あまりの中身のなさっぷりに驚くぞ


    41 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:38:03.42

    食が1番の楽しみなのに
    どうしよう


    63 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:44:20.38

    目が見えなくなるよりマシ


    65 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:45:20.55

    >>63
    【英国】感染者が“視力”を失う「皮質盲」発症 新型コロナの重篤な合併症が見つかる [チミル★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1612249540/


    64 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:44:53.08

    去年の12月ぐらいが味覚なかったけど治ったわ


    69 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:46:38.91

    風邪で味覚無くなった時に全てがマズイって悲劇と思ったわ
    それが一生続くのか!


    96 ニューノーマルの名無しさん :2021/02/04(木) 09:54:30.12

    風味を感じられなくなるとか想像しただけで恐ろしい




    昏睡患者の意識を超音波で復活、再現に成功
    昏睡患者の意識を超音波で復活、再現に成功/iStock

     今から5年前、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のグループが、超音波を使うことで昏睡状態に陥っている患者の脳を復活させることに成功した。

     当時、この成果は再現性のあるものなのか、それともたまたま成功してしまっただけなのか判然としなかった。しかし、今回同じ手法によって、さらに2名の患者を復活させることに成功したそうだ。

    ―あわせて読みたい―

    超音波で昏睡状態に陥った患者の脳の復活に成功(UCLA)
    脳のごくわずかな領域に「意識のエンジン」が発見される(米研究)
    コロナで昏睡状態に陥ったメタルバンド「デス・エンジェル」のドラマーが回復。地獄に堕ちサタンを見たと語る
    15年間昏睡状態だったサウジアラビアの王子、呼びかけに応じて指が動く
    「お前のチキンカツは俺が食う!」兄の言葉を聞いて昏睡状態から目覚めた少年(台湾)

    超音波刺激で意識が回復

     2016年マーティンモンティ教授らのグループは、コーヒーカップのお皿くらいの装置で弱い超音波を発生させ、昏睡状態にある患者(当時25歳)の「視床」(中央処理機能の中継地)を刺激。これによって意識を回復させることに成功した。

     この治療を受けた患者は、状態が劇的に改善。完全に意識が戻り、質問を理解し、うなずいて返事もできるようになった。

     しかし患者には、治療前からかすかだが意識があるらしき兆候があった。そのため、たまたま治療のタイミングがあっていただけで、超音波による刺激がなくても自然に回復した可能性も否定できなかった。

    同じ方法で新たに2人の患者の意識を回復させることに成功

     だが今回、同じ方法でさらに2名の患者の意識を回復させることに成功したとのことだ。

     1人は56歳の男性で、脳卒中で倒れてから14か月間、ほぼ意識がない状態にあった。超音波治療をほどこすと、指示された通りにボールを握ったり、名前を呼ばれた家族の写真へ視線を向けたりできるようになった。

     さらに2度目の施術を受けてからは、ボトルを口元まで持ち上げる、ペンと紙を使う、言葉で会話を交わすといったことまでできるようになった。

     もう1人は50歳の女性で、2年半前に心停止に襲われてから、上記の男性よりもさらに意識の低い状態にあった。それでも1度目の治療を受けると、クシや鉛筆といった物体を認識できるようになった。

     どちらの事例でも、患者の頭の横に超音波装置をあて、10分にわたって30秒の刺激を10回繰り返すというセッションを、隔週で2回行った。

     研究グループによれば、この超音波治療は、よく使われるドップラー式の超音波検査よりも弱く、副作用のない安全な方法だという。

    1_e1
    image by:Martin Monti/UCLA

    すべての患者に有効なわけではない

     なおもう1人、超音波治療を受けた患者がいたが、こちらでは効果がなかったとのこと。この患者は58歳の男性で、5年半前に交通事故にあって以来、ずっと昏睡状態にあった。

     
     それでも患者2名の意識回復に成功したことに、「期待していた結果ではありますが、実際に自分の目で見ると我ながら驚きます」と、モンティ教授は喜びの声をあげている。

     今後もさらに実験は続けられる予定である。病院や自宅で使えるようなコンパクトな装置の開発までには、少なくとも数年はかかるだろうとのことだ。

     この研究は『Brain Stimulation』(1月15日付)に掲載された。

    References:Scientists jump-start two people’s brains after coma | UCLA/ written by hiroching / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    https://karapaia.com/archives/52298855.html
     

    こちらもオススメ!

    ―サイエンス&テクノロジーについての記事―

    平均寿命105歳の未来はもうすぐ? AIによる寿命革命で老化を防ぐ
    人間の感情を読みとって反応する、高性能AIが搭載された犬型ロボットが登場
    音楽をすると脳の接続が強化され、認知機能がアップする
    人間を失神させるほどのヤバさ。世界一臭い化学物質「チオアセトン」
    新型コロナが生んだ新技術。指の動きに反応する非接触型ボタンが開発される(シンガポール)

    ―人類についての記事―

    「邪魔だ、どけ!」鏡に映った自分を他人と思いいちゃもんをつける酔っ払い
    親指と人類の進化の関係。人類は親指が器用に動かせるようになる前から道具を使いこなしていた可能性(独研究)
    平均寿命105歳の未来はもうすぐ? AIによる寿命革命で老化を防ぐ
    Amazon配達員、車泥棒が路上に捨てた赤ちゃんを救助し、無事母親の元へ返す(アメリカ)
    科学の名のもとに。72匹の毒蛇と72時間一緒に過ごした爬虫類学者、ヘビは怒らせなければ襲ってこないを証明


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【昏睡患者の意識を超音波で復活 再現に成功】の続きを読む

    このページのトップヘ