世界の衝撃ニュース

国内・海外の面白い~様々な衝撃的ニュースや話題をまとめています。

    生き物


    ダイオウイカ
    (画像提供:島根県立しまね海洋館アクアス

    地球上で最も謎に包まれた生物のひとつと言われている世界最大級の無脊椎動物・ダイオウイカ。不明な点が多く、いまだ詳しい生態は解明されていない中、島根県の海岸に生きたまま漂着した。


    ■水深約600メートル以上に生息

    ダイオウイカは水深約600~1,000メートルの深海に生息しているが、全長18メートル、体重1トン以上にもなる個体が発見されている。昨年12月17日には、京都府宮津市の砂浜に全長3メートルの死んだ状態のダイオウイカが打ち上げられた。

    また26日昼頃には、島根県出雲市の稲目海岸で生存した状態のダイオウイカが発見された。全長4メートル10センチで、生きたまま発見されることは非常に珍しいという。


    関連記事:女優・奈緒、変人だった 「イカの最後の女になりたい」「大日本プロレスで号泣」

    ■温かい海域から流れ着いた可能性

    このダイオウイカを引き取った島根県立しまね海洋館アクアスの魚類担当石川氏は、「日本海は海底が浅いため、ダイオウイカは生息していないと考えられる。そのため、太平洋か東シナ海の温かい海域から流れついた可能性が高い」と話す。


    何らかの影響で深海からあがってきてしまったと考えられるが、深海魚が浅い海域にあがってしまうと、もう深海には戻れないそうだ。日本では小笠原諸島や南西諸島近海で生息が確認されている。


    ■貴重な研究材料として

    石川氏は「今回流れ着いたダイオウイカは、対馬海流に乗って日本海に入り、日本海側から吹く強い北風に流されて海岸に漂着したと思われる」と話す。

    元気な状態であれば海に放流することも考えたそうだが、かなり衰弱しており生存の見込みがないため、海洋館に引き取られた。現在は冷凍保存されており、貴重な研究材料として活用されるという。

    ・合わせて読みたい→猛毒魚の棘でアナフィラキシーショック シュノーケリングの16歳少年が死亡

    (取材・文/しらべぇ編集部・おのっち



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    本当に貴重なサンプル 研究が進んで欲しいもんだ


    凄く・・・おっきい・・・触手・・・でゲソォ・・・。


    結局ご臨終だったのか・・・  ご冥福をお祈り申し上げます。


    東海地震の前兆か(違


    第一発見者めっちゃ怖かっただろうな3メートルのイカ見つけたら・・・。


    マッコウクジラに負けて逃げてきたんだな


    吸盤にトゲが付いてたりとなかなかに捕食者らしい生態


    単純に「弱って浮いてくる」だと思う


    くさそう(アンモニア臭)




    波に乗るアシカたちの貴重な映像
    image by:Pacific Offshore Expeditions

     その日の波は粗ぶっていた。アメリカカリフォルニア州サンタバーバラ島でダイビングをしようと思っていたダイバーたちは、海に入ることを躊躇していたのだが、彼らが目撃したのは、大波を楽しそうに波乗りしているアシカたちの姿だ。

     凄腕のサーファーのごとく、波に乗ったり飛んだり跳ねたり。その躍動感は素晴らしく、アシカたちは存分に波乗りを楽しんでいたようだ。

    ―あわせて読みたい―

    女の子が転んだ!水槽越しで心配そうに見守るアシカ
    海の犬、クレクレアシカがボートにひっついて餌をおねだり
    ちゅうして!ちゅうして~!ダイバーのおにいさんに積極的にキスをするアシカ
    少女がいったい何をした?アシカに海に引きずり込まれた少女の悲劇(カナダ)
    なぜそこに!高速道路上で迷子のアシカの赤ちゃんが発見され、警察に保護される(アメリカ)
    面白いじゃないか!人間にスマホを見せられ熱心に画面を見入るアシカ(アメリカ)


     この日、サンタバーバラ島近くの海でダイビングをする予定だったライアンさんたちは、荒ぶる波に海に入るのを躊躇していた。

     そこで見つけたのが、楽しそうに波に乗るカリフォルニアアシカたちの姿だ。

     カリフォルニアアシカは北東太平洋および北アメリカ大陸西岸に生息する、世界中の水族館で最も普通に見られるアシカである。

     飼育下では曲芸もこなすほど知能が高いので、遊ぶという概念を持っているのだろう。本当に楽しそうに波に乗っている。そしてうまい!

     ライアンさんが所属するパシフィック・オフショア探検隊のInstagramアカウントpacificoffshore」では、他にも貴重な海の生物たちの姿を見ることができるので要チェックだ。

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52298565.html


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大波を楽しそうに…アシカは凄腕のサーファーだった!(アメリカ)】の続きを読む


    top

     意外なものの写り込みでしばしばネットをにぎわすグーグルマップにまた新たな発見があったようだ。今年1月初めに南極大陸を探索したYouTuberが奇妙な生物の遺骸に目を留めた。

     彼によると、その個体はほぼ無傷の骨格をさらしたまま陸上に横たわっており、南極の氷に保存されていた古代生物の可能性があるという。

     海から90kmほど離れた地点で見つかった謎生物。その姿をとらえた動画は28万回以上も再生され、視聴者コメントが殺到している。

    ―あわせて読みたい―

    かつて南極では木々が生い茂っていた?南極で2億8000万年前の森の化石を発見(米研究)
    エリア51付近にミレニアム・ファルコンのような形状の謎の物体がグーグルマップで明かされる
    約5300年前のミイラ、エッツィ(アイスマン)は最後の日々をどう過ごしたのか?コケ類の分析で新事実が判明
    南極で発見された謎の化石の正体がついに判明、巨大な卵であることが判明。
    グーグルマップで発見された驚きの珍百景

    Antarctica Melting Ice MAY have revealed ANCIENT skeletal remains fully INTACT! Rare find

    南極に古代生物?Googleマップで発見した謎の遺骸

     こちらはYouTuberマイケル・ブラッドベリが発見したと主張する古代生物の様子だ。彼はGoogleマップの探索中に南極の氷に長期保存されていた奇妙な生物の遺骸を見つけたという。

    8

     動画によると遺骸は海からおよそ55マイル(約89km)の内陸地点にある。体長はおよそ4.6~6mと大きく、ほぼ無傷に近い状態だという。

    10

     なお周辺には何もなく、この遺骸だけがポツンとある。この光景を見る限りでは他に仲間もなく、たった1頭で絶命したようにも見える。

    四肢をもつ古代の恐竜か?鰭脚類ではありえないと主張

     この生物がどのくらいの期間氷に閉じ込められていたのかはわからない。地表に現れた時期も定かじゃなく、つい最近だったのかもしれないし、何千年も前だったかもしれない。

    3

     動画は、仮に古いものなら先史時代にさかのぼる可能性があるとし「南極大陸はとても不思議な場所だ。この生物は古代の恐竜や他の何かかもしれない」と述べている。

     一方でアザラシやオットセイなどの鰭脚類の可能性には否定的で「南極にナンキョクオットセイなどがいるのは承知だが、陸の移動が不得手な彼らがどうやってこれほど海から離れた地点にたどり着くのか?」と疑問を呈しており「この生物はその場で凍ったはずだ。鰭脚類ではないと思う」という持論を展開。

    前脚らしき部分
    6

    後脚らしい部分
    7

     さらに骨格の分析を進め、ゆるいカーブを描く背骨や頭蓋骨のほか、前肢や後肢らしきものがあることから古代の恐竜の可能性があると結論づけた。

    アザラシ系でしょ?視聴者の多くは鰭脚類説を支持

     今月4日にブラッドベリが自身のチャンネルMrMBB333で公開したこの動画は28万回以上も再生され、その亡骸についてのコメントが殺到した。

     この件に関する海外の反応は…


    ・鰭脚類に見える

    100%アザラシ

    ペンギンに引きずられたアザラシギャングの抗争みたいのが勃発したとか

    アザラシの骨格をググって見比べればそれ系だってわかる

    ・鰭脚類ぽいが水位が違う時のものだから古代生物になるはず

    ・獣医かつ生物学者だが鰭脚類の一種だろう。南極では何百年も前の鰭脚類が保存されており、アイスマンのエッツィ(アルプス山脈の渓谷の氷河で見つかった約5300年前のミイラ)も同様の状態だった。カニクイアザラシのような種は、陸や氷上を長距離移動できるし十分な記録もある。真の謎は彼らが長距離移動に陸路を選ぶ理由のほうだ。

     また一方で鰭脚類ではなく別な生物という声もいくつかあった。


    ・ワニの骨格に見える。完全に陸を歩く爬虫類タイプ

    プレシオサウルスっぽい。すごいな

    ネバーエンディングストーリードラゴンみたい

    イルカクジラっぽくみえるけど…

    アザラシに後ろ足なんてない


     というわけで今回は視聴者の多くがアザラシなどの鰭脚類を支持。それ以外と思う人は少なかったもよう。

     しかし場所は南極であり、古いものなら既知の鰭脚類と異なる可能性もなくはない。みんなはどう思う?

     


    References:express / youtubeなど /written by D/ edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52298493.html
     

    こちらもオススメ!

    UMA未確認生物についての記事―

    巨大生物なのか?飛行機から撮影された”海の怪獣\"の驚くべき写真(1936年)
    バチカンが巨人の存在を隠蔽しているという陰謀論が証拠画像付きで発信されるも、瞬時にコラだと見破られる
    コロナよりも狼男をなんとかして!ロックダウン中のメキシコの町で狼男目撃情報が多発、住民たちがパニック
    南米で目撃されるイエティの正体は、1万年前に絶滅した巨大ナマケモノの生き残りか?(エクアドル)
    これはいったい?スコットランドの海岸に奇妙な骨が打ち上げられる(イギリス)

    ―動画の紹介記事―

    だからみんなここが好き!動物園を舞台に起こった生き物と子供の間のハプニング集
    馬に乗って荷物を届けるAmazonの配達人、雪で車両が通れない地域に(インド)
    飼い主の乗った救急車を追いかけ、退院するまで病院の前で待ち続けた犬。6日後の再会の喜びっぷりに涙(トルコ)
    違うそっちじゃない!2つのペンギングループが集まった後に何かが起きる!
    出会いはいつも突然に。シーズーのラフィーさん、動物病院でかわいいあの子と出会って二ヤリ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【南極に古代生物?Googleマップに奇妙な生物の遺骸】の続きを読む


    馬に乗って荷物を運ぶAmazonの配達人
    馬に乗って荷物を運ぶAmazonの配達人Umar Ganie/Twitter


     インド北部では、今月初旬に大雪が降り、北部の山岳地帯は雪が積もったことで、荷物の配達もままならなくなってしまった。

     そこで機転を利かせたのはAmazonで配達のアルバイトをしている男性である。彼は自分の馬を使って顧客に荷物を届けたようだ。

     その姿を撮影した動画がSNSシェアされると拡散し、男性に称賛の声が寄せられた。確かに馬で荷物を届けてくれるとかちょっと感動しちゃう光景だ。『India Today』などが伝えている。

    ―あわせて読みたい―

    結果オーライでよかった。路面が凍結した日の配達員のがんばり
    フードデリバリーの配達員、配達を頼まれたケーキを取りに行ったところ、見知らぬ客からプレゼントだった。おもわず涙
    Amazon配達員が、がん患者を励ますために花とメッセージを無料配達、その思いやりはプライスレス(アメリカ)
    89歳でピザの配達をするおじいさん。SNSで人気となり130万円ものチップが贈られる(アメリカ)
    配達員さん、あなた疲れているのよ。ガラスのドアに気が付かず全身でぶつかるもあわてず騒がず郵便物を置いていく


    積雪で荷物が届かず困っている顧客を助けたい


     インド北部とパキスタン北東部の国境付近に広がる山岳地域カシミール州では、1月6日に大雪が降り30センチの積雪が観測された。その後も雪が降ったため、配達地域の道路が通行止めとなり、車やバイクでは荷物を配達できない状態となってしまった。

     同州シュリーナガルに住むシュラーズ・アリ・ハンさん(22歳)は、Amazonからの配達が遅延になっている地域の顧客から、「必要なのでどうしても届けてほしい」という複数の電話を受けていた。

     しかし、普段使用している2輪では顧客宅まで到達できない。そこで、ハンさんは上司に連絡し、「馬を使って配達していいか」と相談した。

    自分が所有する馬で荷物を配達

     顧客が待ち望んでいる荷物は、医療機器や乳児の離乳食、教材など必要なものばかりだ。ハンさんは上司から「全ての安全性を考慮した上でならよし」と許可され、雪道を馬に乗って配達することにした。

     その様子が、1月12日にフォト・ジャーナリストウマル・ガニーさんによって撮影され、Twitterシェアされるとたちまち拡散した。



     実は、ハンさんは子供の頃から馬が大好きで、スモーキー(Smoky)と名付けた馬を数か月前に購入したばかりだった。  

     週末には、友人と乗馬に行くのが趣味という大学生のハンさんは、父親が地元で小さな店を経営しており、家族を助けるために自分で学費を少しでも稼ごうと、Amazonで配達員のアルバイトをしているそうだ。

     シェアされた動画が大反響を呼んだことを知ったハンさんは驚きながらも、無事に顧客に荷物を届けられたことを喜んでおり、動画を見た多くのユーザーらからは、ハンさんへの称賛の声や、「やっぱりAmazon素晴らしい」「なんていいアイデアだ」「中世のようだな」といった声が寄せられている。

    written by Scarlet / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52298603.html
     

    こちらもオススメ!

    ―人類についての記事―

    息子の分を注文しない家族。女性店員の機転が虐待されていた11歳少年を救う(アメリカ)
    新型コロナウイルスが怖くて搭乗できず。空港に3か月住み着いていた男性がついに逮捕(アメリカ)
    リアルなサイコパスを描いた10の映画作品
    パラリンピックのメダリストの力強い励ましで、義足を付けて最初の一歩を踏み出す2歳の男の子(アメリカ)
    命令に従うことで、他人の痛みに鈍感になり責任を感じなくなる。脳の分析で明らかに(オランダ研究)

    ―動画の紹介記事―

    飼い主の乗った救急車を追いかけ、退院するまで病院の前で待ち続けた犬。6日後の再会の喜びっぷりに涙(トルコ)
    違うそっちじゃない!2つのペンギングループが集まった後に何かが起きる!
    出会いはいつも突然に。シーズーのラフィーさん、動物病院でかわいいあの子と出会って二ヤリ
    SFファンタジー!シンボルタワーに照写された没入感MAXの驚異的なバーチャルライトショー(アメリカ)
    引退した警察犬がハンドラーとの再会に全身で喜びを表す。嬉し涙も?


    (出典 news.nicovideo.jp)


     
    【馬に乗り荷物を届けるAmazonの配達人(インド)】の続きを読む


    驚きすぎてカメラもぶれる

    撮影された場所は、カナダのマニトバ州。木の上から撮影しているのは、ハンターの男性たちです。下に2頭の大きな動物が歩いているのが確認できます。

    その直後、カメラを持つ手がぶれまくります。なんと、下をゆっくり歩いていたはずの動物が猛スピードで木を登ってきたのです!!

    ビックリした表情のハンターの男性。こっ、この手は!?

    登ってきた動物は、なんとクマだったのです!!しかも木の上でこんなに至近距離・・・!まさに絶対絶命ピンチです。

    万事休すか!?と思いきや・・・

    クマは襲いかかるのではなく、2人の男性をじっと慎重に観察。男性たちもクマを刺激しないように、動かずに息をとめて静かにしています。

    すると、クマは男性にさらに接近!!男性は万事休すか!?と思いきや・・・

    クマは男性たちに襲いかかることなく、ゆっくりと木を降りていきました。

    獲物と思って登ってきたのか否か定かではありませんが、とにかく何事もなくクマが降りていってくれて助かりましたね。

    この出来事の一部始終を撮影した動画も、ぜひご覧ください!

    出典:YouTube(Bear Climbs Hunters Stand)



    (出典 news.nicovideo.jp)

     

    <このニュースへのネットの反応>

    【【恐怖映像】熊が猛烈なスピードで木を登って来る!(カナダ)】の続きを読む

    このページのトップヘ