世界の衝撃ニュース

国内・海外の面白い~様々な衝撃的ニュースや話題をまとめています。

    生き物


    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

    cover_e3
    image credit:docteur_peyo/Instagram


     動物好きな人にとって動物との触れ合いは大きな癒しになる。近年、人の心を癒すセラピーアニマルは犬や猫、牛や馬や豚に鳥など様々な種がいる。

     フランス北部には、すぐにでも自分の助けを必要としている人間を察知する不思議な能力を持った馬が存在するそうだ。

     元々は競走馬だったその馬は、現在「ドクター・ペヨ」として緩和ケアの病棟で末期の患者を癒し続けている。

    【助けを必要としている人を察知、不思議な能力を持つ馬のペヨ】

     ペヨはオスで元競走馬だ。ペヨを飼育しているアセン・ブシャクールさんは、長い間ペヨと一緒に乗馬ショーに参加してきた。

     その時から、ペヨはショーの後、いつも観客の中にいる特定の人を選び、近付いて傍に寄り添う仕草を見せていた。

     そんなペヨの姿を見たアセンさんは、ペヨは人の感情を察知する不思議な力があるのではと思い始めた。

     特に、精神的にも肉体的にも弱っている人にシンパシーを感じるようで、近づいてその人を癒そうとする仕草をみせるのだ。


     もしかしたらペヨの一番やりたいことは、自分の助けが必要な人を癒すことなのでは?そう考えたアセンさんは、ペヨがしたいことをさせてあげるため、2016年からフランスの病院や介護施設をペヨと一緒に訪問し始めた。

     現在15歳になるペヨは、今ではセラピー馬として「ドクター・ペヨ」と呼ばれ、カレーにある緩和ケア施設で末期の病気に苦しむ患者に癒しを与える日々を送っている。

    ペヨが自ら会いたい人を選ぶ

     ペヨは、施設や病院を訪問する際には、時間をかけて消毒を行う。そしてペヨはその不思議な能力で、自分を必要としている人の部屋へ自ら出向く。

     アセンさんによると、ペヨは癌や腫瘍を持つ人を見分けることができ、これまでペヨは1000人もの末期患者を看取って来たそうだ。



    私は、ペヨに人と深く接するよう特別に訓練したわけでもないですし、人に寄り添う行為を求めたことは一度もありません。

    でもペヨは、自分を必要としている人を察知でき、人の苦しみを理解できる能力があるようです。訪問先の病院でも、入りたい病室の前で前脚を上げて、「この人に会いたい」と私に伝えてきます。

    ペヨが、自らこのライフスタイルを選んだ時、正直受け入れるのに時間がかかりました。競走馬として訓練し育ててきたペヨを諦め、私自身もスポーツマンやショーマンとしてのキャリアに終止符を打たなければなりませんでしたから。

    今、私がペヨをコントロールしているわけではありません。ペヨが誰かの心を察知した時、そしてその人に寄り添うことを決めた時、私はただ見守っているだけです。(アセンさん)


    人の苦しみを理解し、寄り添うペヨに癒される多くの患者たち

     緩和ケア施設で、ペヨに会った患者は安らかな最期を迎えられる人が増えたとアセンさんは言う。

     事実、ある患者の妻は、病気の夫がペヨに会った夜は痛みが和らいで、ぐっすりよく眠れるようになるのだと話している。


     直感で患者の痛みや苦しみを理解し、そっと寄り添うペヨ。大きくやさしいペヨに会った患者は、誰もがその不思議な力に癒される。

     今日もペヨは、緩和ケア施設を訪れ、多くの患者に安心とぬくもりを与えている。


    Miss Eva, Peyo & Hassen Bouchakour - Les Sabots du Coeur
    written by Scarlet / edited by parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    動物・鳥類の記事をもっと見る

    アルゼンチンで珍しい頭蓋骨を持つ新種の肉食恐竜が発掘される - カラパイア

    いい湯だな、アハハン。熊が民家のお風呂でリラックマ状態に - カラパイア

    犬ズ「何やってるの?まざってもいい?」と、ヨガのレッスンに乱入中 - カラパイア

    かわいい放送事故:犬はレポーターから大切なものを盗んでいきました - カラパイア

    助けを必要としている人がわかる不思議な能力を持つ馬。病院で患者の心を癒し続ける(フランス)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    【セラピーアニマル~緩和ケアの病棟で癒し続ける『元競走馬』】の続きを読む


    “巨大深海魚”に“透明イカ”…謎の生物を撮影成功


    NO.9374944 2021/04/05 12:54
    “巨大深海魚”に“透明イカ”…謎の生物を撮影成功
    “巨大深海魚”に“透明イカ”…謎の生物を撮影成功
     ギョロッとした大きな目に、ユラユラと波打っているのは、背びれでしょうか。ダイバーと比べてみると、大きさは人の背丈ほどもあります。

     奇怪な姿で富山湾を漂う、この魚の正体は、一体?

     撮影した地元のダイバー、「ダイビングスクール・オーシャン」の槻多恵生さんは「深海魚『サケガシラ』だなと。僕も15年(ダイビング)やってますけど、見たのがもう2度、3度。動画で撮れるというと、相当珍しいのではないかなと」話します。

     普段は200メートルもの深海に暮らす「サケガシラ」を、水面の近くで撮影できたことに興奮を隠せません。

     その生態については謎が多いと言われていますが、専門家は「エサを求めて水面まで上がってきた可能性が高い」と話しています。

    ■山口ではダイバー“25年で初”の生物も
    一方、山口県長門市の海に25年潜り続けているというダイバーが、初めてお目にかかったという「ホウズキイカ」です。

     その存在自体が、珍しいことはもちろんですが、「ダイビングスクールWITH」の広政昭さんは「魚がいると思わなかったので、後で映像を見てみると、なんか魚食べているんだろうなみたいな」と話します。

     透明な体を透かして、捕食したばかりだとみられる子魚の姿が、はっきりと見て取れます。


    【日時】2021年04月05日 10:37
    【ソース】テレ朝news








    #2 [匿名さん] :2021/04/05 12:55

    地震の前触れか?





    絶滅危機1級の「黄金コウモリ」、失神状態で発見も結局死ぬ=韓国 


    NO.9373421 2021/04/04 19:36
    絶滅危機1級の「黄金コウモリ」、失神状態で発見も結局死ぬ=韓国
    絶滅危機1級の「黄金コウモリ」、失神状態で発見も結局死ぬ=韓国
    絶滅危機野生生物1級の「黄金コウモリ」が無等山(ムドゥンサン)国立公園で失神した状態で見つかりその後死んだ。黄金コウモリは天然記念物第452号であるクロアカコウモリの別名だ。

    無等山国立公園事務所が2日に明らかにしたところによると、近隣住民が先月15日に公園区域内で翼が裂けて動けなくなっているコウモリを見つけ公園事務所に連絡した。

    国立公園側は住民からの連絡を受けコウモリを保護し、光州(クァンジュ)野生動物救助センターに移送した。センターに移されたコウモリは集中治療を受けたが健康を回復できず死んだ。

    センター側は「調査の結果、絶滅危惧種であり天然記念物第452号であるクロアカコウモリと確認された」と明らかにした。このコウモリは生態系破壊により個体数が減っており絶滅危機にさらされている世界的な貴重種だ。絶滅危機1級として保護されているクロアカコウモリが無等山国立公園で見つかったのは初めてだ。

    国立公園側はこのコウモリが衰弱した状態で冬眠している中で目覚め野外活動をして負傷したと推定した。

    無等山国立公園事務所関係者は「クロアカコウモリの発見は無等山の生態系が健康だという証拠。今後も野生生物の生息地保護に努めたい」と話した。



    【日時】2021年04月04日 11:17
    【ソース】中央日報
    【関連掲示板】








    #1 [匿名さん] :2021/04/04 19:37

    コウモリに近づくな


    #2 [匿名さん] :2021/04/04 19:37

    ゴールデンバット


    #3 [匿名さん] :2021/04/04 19:38

    黄金バット


    #4 [匿名さん] :2021/04/04 19:39

    食べる人種が居たら絶滅するのは当たり前なのですよ


    #5 [匿名さん] :2021/04/04 19:39

    コウモリが衰弱した状態で冬眠している中で目覚め野外活動をして負傷したと推定した。

    意味がわからない


    #7 [匿名さん] :2021/04/04 19:41

    スプレー塗装


    #11 [匿名さん] :2021/04/04 19:45

    コロナウィルスってコウモリからじゃなかったか?


    #14 [匿名さん] :2021/04/04 19:46

    >>11
    え?
    本気で自然発生だと思ってるの?


    #13 [匿名さん] :2021/04/04 19:46

    黄ばんでるだけやないか


    #17 [匿名さん] :2021/04/04 19:48

    >>13
    だって黄金だもの


    #25 [匿名さん] :2021/04/04 19:58

    天然記念物が来るほど環境の良い韓国





     刺身によし、煮物によしのほたて。その衝撃の事実をめぐるツイートTwitter民をはじめ、北海道民までも戦慄させています。これはある意味知りたくなかったやつ……!

    【画像で見る:黒い点の正体】

     話題を呼んでいるのは、笑って遊べるさかな4コマずかんを発表しているさかなおにいさん かわちゃん(@sakana_bro)さんの作品、「ほたてのびらびらの秘密」。

     さっそく「ゴキゲンなメンバー(部位)を紹介するぜ!」と始まったのは、ほたての部位にまつわる紹介で、まずは「貝柱」。実は“殻をとじるための筋肉”だといい、ほたてパタパタしながら時速50キロで泳げるのも、この貝柱のおかげとのこと。かわちゃんさんは“貝界のマッチョメン!”と評価しつつ、「マッスルすぎて貝なのに泳げちゃう」ともコメントしています。

     続いては「生殖巣」「中腸線(うろ)」「外套膜(がいとうまく/貝ひも)」の紹介。この中に出てきた「外套膜」こそが、いわゆる“ビラビラ”であり、ほたての貝がらを作る器官なのだそうです。

     「あとびらびらには目が60~120個ついている(ミテイルゾ…)」と、ここで突然ビラビラについている黒い点は全部ほたての“目”であることがイラスト付きで明かされました。

     この衝撃の事実について、かわちゃんさんは「名誉北海道民の皆さんも知らないホタテの話」とツイートしており、この4コマを見た人からは「こわっ!?」「目っ?!」「目がめちゃくちゃついてるの知らなかったわ!」「道民なのに知らんかったわ……」と驚きの声が上がっているほか、「知りたくなかった…ホタテの目…(ホタテ大好き)」との声も。ちなみに青森県ほたて流通振興協会によると、ほたての目は「物を識別するというより光を感じる程度」とのことでした。

     かわちゃんさんは、Instagramでもクスッとためになる さかな4コマ図鑑を投稿中。気になる人はチェックしてみると良さそうです。

    作品提供:さかなおにいさん かわちゃん(@sakana_bro)さん

    (Kikka)

    話題の作品「ほたてのびらびらの秘密」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ホタテガイ(帆立貝、学名:Mizuhopecten yessoensis)は、二枚貝綱- 翼形亜綱- イタヤガイ科のMizuhopecten 属に分類される軟体動物の一種(1種)。通称、ホタテ(帆立)。寒冷海洋性 食用としても重要な貝類の一つ。 開国を要求するために日本に来航したマシュー・ペリー率い
    30キロバイト (3,526 語) - 2021年3月10日 (水) 15:01



    <このニュースへのネットの反応>

    ちりめんじゃこだの佃煮だの「目」が一杯付いてる食品を食べてきた者としては今更感があります。


    ホタテをなめるなよ


    トライポフォビアってヤツかな


    何なら目玉そのものだって美味しく頂いて来てるしな。鯛とか鮪とかの。


    かっこいいなホタテ



    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

    散歩中に発作を起こした飼い主を助けるため、犬が体を張って車を止める
    image credit: youtube


     犬が危機に直面した飼い主を必死で助けようとする話は、これまでにもカラパイアで何度か伝えてきた。実際にアメリカ研究では犬に飼い主を助けたいという強い気持ちがあることが明らかになっている。

     カナダ住宅街での出来事だ。散歩中、突然の発作を起こして倒れてしまった飼い主を救うため、犬が驚きの行動を取った。

     誰かに助けを求めようと、犬は走ってくる車の前に立ちはだかり、車を止めて運転手の気を引いたのだ。この犬の機転のおかげで、飼い主は無事救助された。『CTV News』、『UPI』などが伝えている。

    【散歩中に犬の飼い主が発作を起こして倒れる】

     カナダオタワの郊外スティッツビルに住むヘイリー・ムーアさんは、3月16日の朝、いつものようにマレンマ・シープドッグミックスである愛犬、クローバーの散歩に出かけた。

     ところが、道路脇を歩いていた時に突然発作が起こり、ヘイリーさんはその場に倒れてしまった。クローバーは心配そうに飼い主に寄り添いながら、なんとか起きてもらおうとまわりをうろちょろするが、飼い主が起きる様子はない。

    camera2_e
    image credit: youtube


     そこでクローバーは、苦しむ飼い主を救うためにある行動に出た。その一部始終は近所住民の防犯カメラに捉えられていた。


    This family dog saved her owner by stopping a car for help

    通行中の車の前に立ち、通せんぼして運転手に助けを求める

     クローバーは、飼い主に緊急事態が起きていることを誰かに伝え、助けてもらおうとしたようだ。

     近くの道路を走る車を見つめたクローバーだが、その車の位置からでは運転手は気が付くことができなかったようだ。

     すると今度は目の前の道路に1台の車がやってきた。そこで、クローバーは思い切って車の前に飛び出し、通せんぼをした。

    camera3_e
    image credit: youtube


     車を運転していた運転手のドライデン・オートウェイさんは、突然前に出てきた真っ白い大きな犬が目の前で通せんぼしているのに驚いて、すぐに車を止めた。

     
     それと同時に、路脇に倒れているヘイリーさんのことに気が付いた。ヘンリーさんに近づき、体の状況を確認すると、近所の人にそのことを知らせた。

    camera4_e
    image credit: youtube


     後のメディア取材でオートウェイさんは次のように話している。
    犬は明らかに私に助けを求めにきたようです。私と一定の距離を保ちながらも、飼い主に近付く様子をじっと見守っていました。

    飼い主が大丈夫であるかどうかを確認したかったのでしょう。犬が車の前で通せんぼしてまで、飼い主を救おうとするなんて、本当に感心しました。


     また、オートウェイさんから助けを求められた近所住民のダニエルパイロンさんは、ヘイリーさんの自宅へクローバーと戻り、家族にヘイリーさんの異変を知らせた人物だ。
    すぐにジープを止めて飛び降り、彼らのところへ駆け寄りました。オートウェイさんからは「ヘイリーさんが倒れていた。よくわからない状況だ」と聞きました。

    犬は、飼い主のそばから離れたくない様子でしたが、「もっと助けが必要」と思ったのか、家に戻ろうとしたのです。だからクローバーと一緒にヘイリーさんの自宅へと走りました。


     パイロンさんからの知らせを聞いたヘイリーさんの父ランドールさんによると、この時クローバーはヘイリーさんの異変を家族に知らせようとしてか、狂ったように吠えていたという。

     
     家族がクローバーと一緒に急いで現場へ向かった時には、ヘイリーさんは既に駆け付けていた救急車の中で、救急隊員によって治療を受けていた。

    娘を見たら、顔が泥だらけになっていて、支離滅裂な状態で、どこにいるのか全くわかっていないようでとても怖かったです。(ランドールさん)

     しかし、幸いにもヘイリーさんは無事だった。クローバーによって、素早く周りの助けを借りることができたため、命が救われたのだ。

    1_e0
    image credit: youtube

    ヘイリーさんとクローバーに結ばれている強い絆

     ヘイリーさんが、なぜ突然発作を起こしたのかについては、原因がわからなかったそうだ。

     
     後日、メディアの取材を受けたヘイリーさんは、愛犬の勇気ある行為を称賛し、次のように語った。

    クローバーが、あの日私を救おうをしてくれたことを知って、とても慰められた気持ちになりました。

    動物はとても聡明ですが、クローバーは本当に素晴らしい犬です。大好きです。もしまた同じことが起こっても、今までの10倍は安心できます。クローバーが私の傍にいてくれる限り、きっと大丈夫だと思えます。


    2_e0
    image credit: youtube

     ヘイリーさん家族から大きな感謝を受けたクローバーは、ヘイリーさんを救ってくれたお礼にと、ヘイリーさんの母ダイアンさんから大きなステーキを2枚もご褒美に貰ったそうだ。
    妻が、大きなステーキを2枚も買ってきたので「これは上手そうだぞ。今夜はステーキか!」と思ったら、「違うわよ。これはクローバーのよ」と言われてしまいました。

    確かにクローバーステーキを食べるに値するだけの、善行をしてくれましたからね(笑)


     このように話すヘイリーさんの父ランドールさんも、ヘイリーさんを助けた隣人たちも、飼い主を慕う忠実で聡明なクローバーを「ヒーロー犬」として称賛。同時に、ヘイリーさんとの絆の強さを認識させられたようだ。

     
     パイロンさんは、「クローバーは、ヘイリーさんにとって親友なんだなと思いました。クローバーが傍にいると、ヘイリーさんも今後は安心でしょう」と話している。

    written by Scarlet / edited by parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    動物・鳥類の記事をもっと見る

    何目的?猫ベッドをダンボールに詰めこもうとする猫 - カラパイア

    子犬「ボク、家の中に入ってもいいんですか?」初めて人のぬくもりに触れた野良子犬の幸せを守りたい - カラパイア

    防護服を着て研究室を出入りすることを唯一許された犬、障害を抱えた研究者をサポートするゴールデン・レトリバー(アメリカ) - カラパイア

    雪上のファンタジー。野生のアカシカがグレートピレニーズとはじめましてのチュウ - カラパイア

    散歩中に飼い主が突然発作、犬が体を張って車を止め、助けを求める(カナダ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【散歩中に飼い主が突然発作 犬が体を張って車を止め 助けを求める(カナダ)】の続きを読む

    このページのトップヘ