「おせち」容器は重箱…ではなく工具箱!!!



多くの日本人にとってなじみ深い『おせち』。栗きんとんや海老、数の子など、それぞれ意味を込めた具材を重箱に詰めたものが一般的です。

昨今では、具材を肉のみにしたものやオードブル風など、ユニークな発想で作られたおせちも増えてきました。

…しかし!

その上をいくおせち2021年に爆誕しました。

工学部3人が集まると、おせちはこうなる」というコメントとともに、しょうだい(@tshoudai)さんがTwitterに投稿したおせちが、こちらです。

具材こそ一般的なおせち料理ですが、容器は重箱…ではなく工具箱!

重箱と工具箱という似て非なるものでありながら、まったく違和感がありません。

おせち料理といえば重箱に詰めるものというこれまでの概念を打ち砕く、新発想のおせちは反響を呼び、絶賛の声が寄せられています。

・とても重工(重厚)ですね。

・発想がすばらしいですね。花見弁当にもいいかと。

さすがこの発想はなかった…。

・目の付けどころが、シャープ

この『工学部おせち』が一般受けするかはどうかはさておき、工学部ならではの着眼点と柔軟な発想、そして実行に移す行動力には感心してしまいますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@tshoudai


(出典 news.nicovideo.jp)

【発想が凄い「おせち」の容器...それは工具箱だった!!!】の続きを読む