世界の衝撃ニュース

国内・海外の面白い~様々なニュースをまとめています。

    悲劇


    携帯を見て怒る女性(Pheelings Media/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    夫の携帯電話を盗み見した女が、夫と若い美女の写真を見て悲鳴をあげた。浮気を確信した女は刃物を取り出し夫を襲ったが、この美女が意外な人物だったことを『Daily Star』などが報じた。


    ■老いた妻にショックな出来事

    メキシコで暮らすある中年の女は、年齢を重ねるごとにぐっと老け込み、容姿もずいぶん衰えたという。

    それでも夫との結婚生活は問題なく続けていたが、先日ふと夫が放置していた携帯電話を見つけ、盗み見することにした。そのとき女の目に飛び込んだのは、夫と若い美女が並んで写る幸せそうなツーショット画像。それに驚きショックを受けた女は理性を失い、ナイフを握りしめた。


    関連記事:完璧で優しすぎる夫に嫌気がさして… 妻が起こした離婚裁判が話題に

    ■夫の絶叫に驚いた人々

    「この男は、私という妻がいるのに浮気している」。スリムで若い美女と並んで鼻の下を伸ばす夫の姿にキレた女はそう確信し、慌てて釈明しようとする夫をナイフで何度も刺した。

    あまりの痛さと恐怖に、夫は絶叫。それを聞き驚いた隣人らが通報し、警官隊が夫婦の家に向かった。


    ■美女の正体

    荒れ狂う妻からナイフを取り上げることに成功した夫は、「聞いてくれ、これは浮気相手じゃない」「昔の君だ」と女に説明。そこで写真をじっくり確認すると、それは確かに若き日の自分の姿だった。

    愛情深い夫は古い写真を大切にし、その何枚かをデジタル化し携帯電話に保存してあったのだ。夫の愛情を再認識した女だが、隣人らの通報を受け駆けつけた警官隊が女の身柄を確保。そのまま連行された女は、愛する夫と離れ離れになってしまった。


    ■老けたと感じる人は6割強

    しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,721名を対象に調査した結果、全体の64.8%が「昔の写真と現在の自分を見比べ『老けた』と感じたことがある」と回答した。

    昔の写真と現在の自分を見比べ

    人は誰でも年をとり、容姿も変化する。事件を起こした女も老け、外見も激変。若き日の自身の姿は記憶にもなく、そのせいで愛情深い夫を疑い刺してしまった。女が認知症を患っている可能性については、分かっていない。

    刺された夫は、今もなお結婚生活の維持を望んでいるのか。老け込み自信をすっかり失った妻は、さらなる悩みを抱えてしまった。

    ・合わせて読みたい→母親と喧嘩しアパートで6時間立てこもり 50代女の身柄を確保

    (文/しらべぇ編集部・マローン 小原

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年5月17日2019年5月22日
    対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【夫が若い美女とツーショット写真…衝撃の結末に…美女の正体とは?(メキシコ)】の続きを読む


    各地から感染拡大を疑わせるような情報が届いているが、国内での新型コロナウイルス感染者の発生を公式に認めていない北朝鮮

    当局は、先月1日から来月20日までの50日間の予定で、「超特級非常防疫措置」を行い、国民生活に様々な制限を加えている。もし本当に感染者がいないのならば、ここまでする必要はないように思えるが、医療インフラが極めて貧弱な北朝鮮で感染が広がれば、ひとたまりもなくやられ、体制の存続すら脅かされかねないのも事実だ。

    そんな中でも、人々の営みは続いている。中国との国境に接する咸鏡北道(ハムギョンブクト)の穏城(オンソン)に住むチョンさんは先月30日、ささやか結婚式を挙げた。コロナ禍の辛い暮らしの中でも、少しでも幸せを周りに分け与える。そんな式になるはずが、とんでもない不幸をばらまくはめになってしまったと、現地のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

    20代後半のチョンさんは先月30日、結婚式を上げた。式には新郎新婦の家族以外にも親戚、人民班(町内会)の住民、職場の同僚などを招いた。

    結婚式に客を呼ぶことは、コロナ前なら当たり前のように行われていたことだ。呼ばないとなると残念がる人がいるだろうとの心使いから、チョンさんは人数を最低限に絞って密かに招待した。

    ところが、これがあっという間に郡党(朝鮮労働党穏城郡委員会)、安全部(警察署)に伝わり、金正恩総書記が自ら主導する国家防疫規定違反だとして大問題になってしまったのだ。昨秋、封鎖令(ロックダウン)が下され「野良猫狩り」という謎のコロナ対策を行うほど追い詰めれられた地域のお偉方は、今回の「結婚式事件」に激怒した。

    ちなみに昨年7月、ある税関幹部一家がコロナ対策を破って「船上パーティー」を開いていたことが発覚。家長が見せしめで処刑された可能性がささやかれている。

    郡党は、結婚式に参加した人が所属する工場、企業所、機関に対して「当事者に批判書を書かせて、思想闘争会を行って反省させろ」との指示を下した。自己批判を行った上で集団批判を加え、徹底的にはずかしめろということだ。

    これだけでも心理的に相当な負担になるが、郡党は安全部を通じて参加者を処罰するとの方針を伝えた上で、こんな条件を示した。

    「処罰を逃れたいのなら、国家建設に必要な物資解決のために支援を行え。それすら行わない者は、無条件で処罰する」

    国が進める巨大プロジェクトの現場で働く労働者が必要とする食料品などの物資や資金を提供せよとのことだが、このような形で供出された金品が幹部らにより横領されることがしばしばあることを考えると、遠回しにワイロの要求をしたとも取れるだろう。

    要求されたのは、豚肉10キロ、卵数十キロなど相当な量だが、恐怖に怯える人々は経済制裁、災害、コロナの三重苦で生活が苦しい中でも、これをどうにか納めている。しかし、中にはそんな経済的な余裕のない人もいて、処罰を震えて待つしかないような状況だ。

    「事件の首謀者」となってしまったチョンさんの家族だが、要求された金品の上納とは関係なく、無条件で処罰される見込みだという。防疫規定の違反者に対して、過度に重い処罰が乱発されていることを考えると、不幸のどん底に突き落とされるようなことになるかもしれない。

    北朝鮮の結婚式(朝鮮中央通信)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    【金正恩命令 結婚式を挙げた新婚夫婦が恐怖のどん底に】の続きを読む


    ログイン情報はしっかり管理しよう!

    機密性の高いサービスでは、パスワードを一定回数間違えると不正ログインとみなし、アカウントの強制停止や削除となるものもある。しかし、本人が本気で忘れてしまったとなると、これほど危機的な状況はない。

    今回、米サンフランシスコにお住まいのとあるエンジニアが、この危機に陥り200億円を失おうとしているらしい。


    Lost passwords lock investors out of bitcoin fortunes


    この災難に見舞われているのは、サンフランシスコで働くドイツプログラマーステファン・トーマスさん。

    彼はウェブ上のデジタル・ウォレットに、およそ7002ビットコインを所有している。これはおよそ、228億円相当(2億2000万ドル)にものぼる。

    ところがこの度、米紙「ニューヨークタイムズ」の取材において、パスワードを紛失してしまったため、財産にアクセスすることが困難になってしまったことを明らかにした。

    彼はすでに8回試したというが、すべて不一致。更に恐ろしいことに、パスワードを10回間違えるとアカウントロックされてしまうため、あとチャンスは2回しか残されていないのだ。

    にも関わらず、ビットコインの取り扱いサイト側はユーザーパスワードを自社サーバーに記録しない特殊なログイン法を取っているため、彼を助けることもできないという。ユーザーだけがアクセスできる独自のキーを作成できる仕様になっている。

    危機に見舞われているトーマスさんは、ニューヨークタイムズに対しこう語る。

    「私はただベッドに横になって考えるしかなかった。私はいくつかの新しい戦略を思いつき、パソコンに向かいましたが・・・うまくいきませんでした。そしてまた絶望しました。」

    寝っ転がりまたトライしては絶望する・・・そんな気持ちがありありとわかるコメントである。

    大切なパスワードをなくした理由

    では、なぜここまで大量のビットコインを持っているのか?

    その理由は、ビットコインが出てきた最初期である2011年に、トーマスさんは「ビットコインとはなんだ?」という紹介アニメを制作したこと。その報酬として、価値が低かった当時にもらったのだという。

    しかしその際はビットコインに手をつけず、パスワードを書いた紙をどこかに紛失してしまったのだ。

    だがその後、ビットコインバブルが起こり、2021年1月には記録的な価格変動が起こった。トーマスさんの所有しているビットコインの値段は跳ね上がり、一躍億万長者となってしまった。

    ちなみに、同様な理由で無駄になっているビットコインは非常に多く、これまでに全世界で約14兆円(1400億ドル分)のビットコインが放棄されているという。しかし、トーマスさんほどの高額単位は類を見ない。

    どうにかして本人確認をし、200億円を彼に返して欲しいものだ。

     

    参照元:NewsweekYoutube

    【絶望】ログインパスワードを忘れたせいで…200億円分のビットコインを失いかけている男性が話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【ログインパスワードを忘れた…200億円分のビットコインが…】の続きを読む


    〇〇手術でアソコが膨張時10cmが4cmになってしまった(中国)


    NO.9181886 2021/01/16 16:14
    中国 ホウケイ手術を受けた男性 膨張時10cmだったアソコが4cmになり性生活が困難に
    中国 包茎手術を受けた男性 膨張時10cmだったアソコが4cmになり性生活が困難に
    台湾メディアのITTodayはホウケイ手術を行った男性がアソコの長さが10cmから4cmになり更に激しい痛みのせいで性生活が困難だと訴えている。

    中国河南省洛陽市に住むとある男性は、先月31日泌尿器科でホウケイ手術を受けた。

    彼は亀頭の周りに表皮がいっぱいある「真性ホウケイ」だったため、衛生のためにホウケイ手術が必要だったためだった。

    ホウケイ手術後、より簡単な衛生管理と円滑な性関係を期待した彼は、手術後、「何かおかしい」という違和感を感じた。

    副作用として彼のアソコのサイズが半分以下のサイズになっていたのだ。

    手術前の彼のアソコの長さは、立った時に10cmだった。

    ところが、手術後のアソコの長さはおよそ半分以下で、4cm前後しかなかった。

    以前から元々大きくなかったアソコの長さがさらに短くなると、男性は絶望してしまった。

    問題はそれだけではなかった。

    表皮を切りすぎたため、男性はアソコ周辺の皮膚がつっぱるような苦痛を感じ、日常生活が苦しいほどだった。

    男性はメディアとのインタビューで「より良い生活を送るためのホウケイ手術だったのに、むしろ自分の生活が台無しになってしまった。痛みがひどくて日常生活も大変だ」と話した。

    一方、男性を手術した病院側は過ちを認め、無料で治療継続を提供することにした。

    しかし、該当病院の信頼を失った彼は、「ほかの大学病院で治療を受けている」と伝えた。

    【日時】2021年01月16日
    【提供】ゴゴ通信
    【関連掲示板】








    #9 [匿名さん] :2021/01/16 16:17

    >>0
    キトーくん使えばよかったのに


    #26 [匿名さん] :2021/01/16 16:24

    >>0
    元の10cmって、皮込みだったんだろ


    #4 [匿名さん] :2021/01/16 16:15

    適当にするからだよ


    #6 [匿名さん] :2021/01/16 16:17

    なぜチャイナで、受ける


    #8 [匿名さん] :2021/01/16 16:17

    中国で手術受けた奴が悪い 中国人でも海外に行くべきだったな


    #11 [匿名さん] :2021/01/16 16:17

    次は長茎術ね♪


    #12 [匿名さん] :2021/01/16 16:17

    では、次の曲です

    海綿体であんたが短小


    #15 [18センチ] :2021/01/16 16:19

    >>12

    *なめんなよ


    #24 [匿名さん] :2021/01/16 16:23

    >>12
    ワロタwww


    #27 [匿名さん] :2021/01/16 16:24

    >>12
    うまい!座布団2枚


    #14 [匿名さん] :2021/01/16 16:18

    これ間違えて半分に切ったんだろ


    #16 [匿名さん] :2021/01/16 16:21

    日本人に*なんて居ないだろ‪w‪


    #18 [匿名さん] :2021/01/16 16:21

    経済苦で自由診療のヤブが増えている


    #19 [匿名さん] :2021/01/16 16:21

    なんだかなー
    かなしいな


    #22 [匿名さん] :2021/01/16 16:22

    このご時世ほのぼのした出来事ですね


    #25 [匿名さん] :2021/01/16 16:24

    この時期にほのぼのする話題だな
    緊張がほぐれる


    #28 [匿名さん] :2021/01/16 16:26

    能ある鷹は爪隠す


    #31 [匿名さん] :2021/01/16 16:27

    >>28

    なるほど


    #30 [匿名さん] :2021/01/16 16:27

    皮が重要なんだよな


    #33 [匿名さん] :2021/01/16 16:28

    えっ
    そもそも10cmですら
    小さくないですか?


    #36 [匿名さん] :2021/01/16 16:29

    >>33
    小さいな
    ただ4センチよりはマシ


    #34 [匿名さん] :2021/01/16 16:28

    男は膨張率だぞ 普段は小さくていい やる時巨大化すりゃあ問題ねーべ 


    #38 [匿名さん] :2021/01/16 16:29

    >>34
    普段から皮が突っ張って痛いってことは*したら地獄やな


    #39 [匿名さん] :2021/01/16 16:30

    >>34
    普通でいいだろ


    #35 [匿名さん] :2021/01/16 16:29

    出る杭は打たれる


    #37 [匿名さん] :2021/01/16 16:29

    >>35

    なるほど


    #40 [匿名さん] :2021/01/16 16:30

    皮はあった方がいい
    皮切ったら持久力は上がったけど気持ち良さ半減して*がつまらんくなった
    相手が喜んでも自分が気持ち良くないんじゃな


    #44 [ホウケイ] :2021/01/16 16:30

    >>40

    なるほど


    #49 [匿名さん] :2021/01/16 16:31

    >>40
    無い方がいいだろwww
    慣れれば感度そう変わらんよ


    #43 [匿名さん] :2021/01/16 16:30

    俺16しかないけどこれ見て自信がついた


    #47 [ホウケイ] :2021/01/16 16:31

    >>43

    おれいかかよ


    #53 [匿名さん] :2021/01/16 16:32

    >>43
    16なら日本人の平均よりデカくね?
    デカすぎても嫌がられることあるから良いことないよ
    デカい=気持ちいいじゃないし


    #46 [匿名さん] :2021/01/16 16:31

    皮 切りすぎたってことかな


    #51 [匿名さん] :2021/01/16 16:32

    日本人の平均は15センチだから。


    #56 [匿名さん] :2021/01/16 16:33

    >>51
    自分は16サイズです!


    #57 [匿名さん] :2021/01/16 16:33

    >>51
    嘘こけ❗


    #64 [匿名さん] :2021/01/16 16:34

    >>56
    見てないからコメント出来ない❗


    #75 [匿名さん] :2021/01/16 16:37

    >>57
    俺も昔そう聞いたけどな。 15cmの俺は平均あって良かったと納得した。


    #54 [匿名さん] :2021/01/16 16:32

    *がなくても男は生きていける


    #61 [匿名さん] :2021/01/16 16:34

    >>54
    *があってこその男だと思う俺が古いのか


    #63 [匿名さん] :2021/01/16 16:34

    小さい頃から剥いて洗えって親父に言われ続けて
    痛いの我慢して洗ってたな
    銭湯とかで皮あるやつが隣来るとしょんべんくせぇんだよな


    #72 [匿名さん] :2021/01/16 16:36

    >>63
    小便臭いのは仮性
    蒸れた刺激臭は真性
    尚、どちらもなぜか自分では無臭だと思っている


    #82 [匿名さん] :2021/01/16 16:38

    >>78
    くっさい自覚があるだけマシ
    ほとんどのヤツは*臭いの気付いてない





    女性の遺体KatarzynaBialasiewicz/Photodisc/Getty Images Plus/写真はイメージです)


    若くして亡くなった女性を送り出すため、葬儀会場にいた人たち。その目の前で、ある男が女性への思いを告白。最低な行動に走ろうとして逮捕されたことを、『The Sun』などが伝えた。


    ■ある女性の葬儀

    ジンバブエで暮らしていた20歳の女性が、先日に死亡。悲しみにくれる遺族は同国・エプワースで葬儀を執り行うことにし、その準備に追われた。

    葬儀会場に運ばれた遺体を見守っていたのは、故人の母親と女性2名。申し分ない葬儀にしたいと考えていたそうだが、そこに酒に酔った男(49)が仲間1人を伴い現れた。思いもよらぬことをわめき始め、母親らを驚かせたという。


    関連記事:持ち去った大量の少女の遺体を着せ替え人形にした50代男 謝罪命令にも反省の色なし

    ■「抱きたい」とわめいた男

    酒に酔っていたせいか、男はいきなり「みんな知っているだろう、俺はこの子が好きだった」「なのに男女の仲になる前に死なれちまった」などと話し始めた。

    男はさらに「でもな、まだ埋葬していないんだから手遅れじゃねえ」「まだこの子を抱くチャンスはあるし、俺のほうは準備もできている」ともわめき、その目的に気づいた母親らは震え上がった。


    ■女性の母らが絶叫

    突然の出来事に慌てた母親は、遺体を守るため男に飛びかかったという。それでも男は母親をふり払い、遺体にかけてあった白い布を引きはがした。

    母親と一緒にいた女性たちもおおいに慌てたが、そちらは男の仲間に動きを封じられ、身動きがとれない状態に。男は一瞬の隙を狙って遺体に覆いかぶさり、母親らは思わず悲鳴を上げたという。


    ■身柄を確保された男

    葬儀会場にいた人たちが母親らの悲鳴を聞き、慌てて通報。男とその仲間は、そろって身柄を確保された。

    男は保釈金と罰金を支払い解放されたが、2月に裁判を受けるという。そこで有罪と判断された場合、男は最長5年の実刑判決とさらなる罰金の支払いを言い渡されると報じられた。

    亡くなり抵抗できない女性を襲おうとした男は、悲しみにくれる遺族の心も踏みにじった。男と亡くなった女性がどういう関係だったのかなど、詳細は明かされていない。

    ・合わせて読みたい→酒代を巡るトラブルで母親の首を斬って惨殺 アルコール依存症の男を逮捕

    (文/しらべぇ編集部・マローン 小原



    (出典 news.nicovideo.jp)



    【ある女性の葬儀でその女性に覆いかぶさった男を逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ