ついにイタリアは叫んだ
私たちの都市、領土、歴史、文化、そして自由にとって大きな危機である。
私たちは毎日、どの学校でも、道路を歩いていても、彼らを目にしている。
私たちの街、モンファルコーネの3万人の人口の内、30%は外国人であり、その大半はイスラム教徒だ。
そして約9,000人の居住者に、毎年2,000人が加算されている。
9,000人のイスラム系ベンガル人のうち、働いているのは1,700人だけだ。
そして他の人たちは私たちの福祉で生きている。
そしてこの働いている1,700人のうち、女性は7人だけだ。https://twitter.com/RadioGenoa/status/1738650481650544853/video/1
PR

日本は移民の労働力と消費力が無いとやっていけない、などと寝言を言っている人達は目を覚ますべきだ。仕事なんてすぐなくなる。仕事も資産も無い外国人に日本人の税金で生涯生活保護と高額医療を受けさせる事になる。

日本は危機を感じるどころか永住権を与えようとしている 更に金の援助も倍増させている やばいと思った時には日本は無いかもな

PR


合わせて読みたい

PR



日本には移民政策が存在しないとされていますが、2019年の「特定技能」在留資格の導入により、実質的に移民受入国となりました。

日本では、少子高齢化に伴って海外からの労働力に期待して、政府が規制を緩和しています。2023年6月末時点の在留外国人数は322万3858人で、22年末から4.8%増の14万8645人プラスで、過去最高となりました。

移民を受け入れるメリットとしては、海外でのビジネスチャンスが拡がったり、海外の事情に精通した人材が増え、グローバル化が促進されることが挙げられます。


しかしこのような声が多く犯罪率も上がっている